芸能

DV夫役の怪演が話題の徳重聡 “石原軍団の末っ子”からの大転換

デビューは「第二の裕次郎」だった(時事通信フォト)

デビューは「21世紀の裕次郎」だった(時事通信フォト)

 主役に波瑠、その同窓生役で林遣都、本仮屋ユイカ、溝端淳平、新川優愛、黒川智花が登場する深夜ドラマ『愛しい嘘〜優しい闇〜』(テレビ朝日系、毎週金曜夜11時15分〜、2月11日は11時25分〜)。錚々たる出演陣が並ぶ中、ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、同窓生グループの1人の夫を演じて話題の徳重聡(43)について、本作の「影の主役」と太鼓判を押す。徳重の新たな魅力について、小林氏が綴る。

 * * *
『愛しい嘘〜優しい闇〜』(テレビ朝日系)は、深夜ドラマ帯の放送にも関わらず、出演者が非常に豪華。波瑠さん、林遣都さん、溝端淳平さんなど何かと演技が話題の面々が揃っている。中学校の同級生同士で仲の良かった6人の男女が久々に再会。それぞれに経験を重ね、大人になっていたものの、彼らには公にできない秘密がある。秘密が引き金になってしまったのか、グループの中から2人の死亡者が出てしまう。

「なるほどなあ」と観ながらも、どうもドラマ自体にパンチが足りない。何だろう、この消化不良の感じは? と思っていると、第1話からとんでもない嵐が押し寄せた。それが野瀬正役の徳重聡さんだ。警察官でありながら妻への精神的・身体的DVを繰り返す役柄の怪演ぶりが、現在、SNSでも話題だ。それはそうだろう。「石原軍団」を継承するような、昭和仕込みの濃ゆい顔で迫ってくるのだから、他の演者とは確実に一線を画す。

 ただ怪演が当初腑に落ちなかったのは、彼の芸能人としてのキャリアが、当初からずっと「爽やか路線」を歩んできたせいではないだろうか。

「石原軍団の末っ子」の顔を1ミリも裏切らず

 もう20年以上前のことになるけれど、徳重さんの芸能界入りのことはよく覚えている。彼が以前所属していた石原プロモーションによる『オロナミンC「1億人の心をつかむ男」新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜』で、グランプリを獲得したことがきっかけだった。

 芸能界随一と言っていいほど固い絆と、上下関係で結びついていたあのグループが、新しい“舎弟”を招き入れることだけでも事件。そこに選ばれた徳重さんは「よくぞ、平成にいた!」と感心するほど、かつての日活映画を思い起こさせるイケメンだった。ヨットハーバーがよく似合う、若き日の裕次郎がそこに蘇ったと、往年の石原軍団のファンは血湧き肉躍る。

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン