スポーツ

センバツ選考委員 聖隷落選の結論の瞬間「大変なことになると思った」

聖隷クリストファーのグラウンド。まさかの落選の知らせを受けた選手たちだが、ノックなどの練習に励んでいる

聖隷クリストファーのグラウンド。まさかの落選の知らせを受けた選手たちだが、ノックなどの練習に励んでいる

 春のセンバツ甲子園の出場校選考にあたり、昨秋の東海大会で準優勝となった聖隷クリストファー(静岡)が落選し、ベスト4で敗退した大垣日大(岐阜)が選ばれた問題の波紋が広がり続けている。日本高等学校野球連盟(日本高野連)と毎日新聞社は2月10日になり、選考過程について「詳細な内容は公開になじまない」「当該校にもこれ以上の説明を差し控えたい」との方針を発表。早期の“幕引き”を図ろうとするその姿勢に、異論も溢れている。そうしたなか、東海地区の選考委員を務めた静岡高野連理事長・渡辺才也(としなり)氏がノンフィクションライター・柳川悠二氏の取材に応じた。【前後編の後編、前編から読む

 * * *
 当初、選考結果について電話インタビューに「責任を痛感している」と語っていた渡辺才也理事長だが、私は2月8日に渡辺理事長が勤務する富岳館高校にも足を運び、改めてこの騒動を選考委員のひとりとしてどう受け止めているのか、質問をぶつけた。

「先日は、『静岡2校が選ばれると思っていた』とお伝えしましたよね。言い方を少し変えたいと思います。やはり(2枠目は)準優勝の、決勝に進んだチームが選ばれることを私は信じていました」

 東海地区の選考委員会(今年は計8名)は、慣例として東海4県のいずれかの県高野連の理事長が選考委員に加わって実施されてきた。今年から静岡県高野連にその役割が回って来て、渡辺理事長が参加した。

「私に選考委員の経験があるならば、昨年と比べてどうだったとかいうお話もできると思うんですが、私は1年目で、比較しようがないんです。ただ、委員会の中で、いろいろな意見が出ていたのは事実です。今年の選考結果がイレギュラーだったかどうかは分かりません。選考委員が東海大会を見て、それぞれが下した判断をみんなで議論した。聖隷は準優勝したのに選ばれなかった。『粘り』という素晴らしさがあったとはいえ、その『粘り』が最終的には評価されなかった。それが残念だという思い、それに尽きます」

 選考委員長を務めた鬼嶋一司氏は、東海大会の1、2回戦が行われた10月31日に、母校であり監督を務めた時期もある慶応大と早稲田大の早慶戦の解説をテレビ中継で行っていた。選考委員長が地区大会を視察していない試合があることが問題になることはなかったのか。

「選考委員会はおひとりばかりの意見ではないし、他の方(選考委員)も試合をご覧にあっているので……。ただ、行かなかった日があるのは間違いないみたいです」

 鬼嶋委員長は総会で「賛否あった」と表現した。実際、大垣日大と聖隷を推す声の割合はどれくらいだったのか。

「そうした具体的な中身は、やはりお伝えできません。選考委員として背任行為にあたることかもしれませんので。とにかく両方を推す声があった。両方に対して賛否があった。意見が割れていたのは間違いありません」

 選考委員は鬼嶋委員長と渡辺理事長の他に6人いる。NHKの解説者や大学野球の名伯楽などが揃い、また都道府県高野連の会長経験者もいる。静岡県高野連の理事長として、聖隷の出場を強く訴えることはしなかったのだろうか。

「それなりの方がいらっしゃいますよね。しかも、選考委員のご経験が何年もある方ばかり。かたや私は初めて入った人間ですから。なかなか言い切れない(主張できない)ですよね……」

 コロナ禍に行われた今回の選考委員会では、オンラインで参加した委員もいる。一堂に会した委員会なら侃々諤々の議論もできるかもしれないが、オンラインの空気感では、渡辺理事長のような“新参者”はなおのこと積極的には意見しづらいかもしれない。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン