スポーツ

岡本和真・村上宗隆のキャリアハイはいつ来る?歴代HR打者と比較

史上最年少で100本塁打を達成した村上宗隆(時事通信フォト)

史上最年少で100本塁打を達成した村上宗隆(時事通信フォト)

 この2年、セ・リーグでは激しい本塁打王争いが繰り広げられた。一昨年は巨人・岡本和真が31本とヤクルト・村上宗隆を3本差で振り切って初の栄冠を手にし、昨年は2人が39本でタイトルを分け合った。今年2人は40本を飛び越えて45本、さらには50本という大台も期待されている。昨年、岡本と村上はともに9月下旬に38号を放ったが、残り1か月で1本しか打てず、40の大台には達しなかった。プロ野球担当記者が話す。

「当時と今では試合数が違うとはいえ、高卒新人最多の31本を打った清原和博(西武)、12年連続20本以上を放った原辰徳(巨人)も40という数字には届かずに現役生活を終えた。それくらいハードルが高いですし、日本人選手の50本以上は今まで5人しか記録していない。それでも、2人の順調な成長ぶりを見れば、ファンは胸が躍るでしょう」(以下同)

 過去にシーズン45本以上の本塁打を放った日本人選手は14人いる。その中で、一軍で150打席以上立った年を1年目と計算した場合、何年目にキャリアハイを記録しているのか調べてみた。(以下、選手名(年)本塁打数、年数、所属球団の順)

田淵幸一(1974年)45本 6年目 阪神
村田修一(2008年)46本 6年目 横浜
藤村富美男(1949年)46本 5年目(※)阪神
西沢道夫(1950年)46本 4年目 中日
松中信彦(2005年)46本 7年目 ソフトバンク
中村紀洋(2001年)46本 8年目 近鉄
山川穂高(2018年)47本 3年目 西武
中村剛也(2009年、2011年)48本 5、7年目 西武
掛布雅之(1979年)48本 6年目 阪神
松井秀喜(2002年)50本 10年目 巨人
小鶴誠(1950年)51本 7年目 松竹
落合博満(1985年)52本 6年目 ロッテ
野村克也(1963年)52本 8年目 南海
王貞治(1964年)55本 6年目 巨人

【※藤村はプロリーグ1年目の1936年から参加し、150打席以上立ったシーズンもあるが、1939年から1942年までは兵役のために試合に出場できなかったため、1944年から計算(太平洋戦争のため1945年は公式戦なし)】

 実質3年目の山川、10年目の松井もいるが、6~7年目が最も多くなっている。実質4年目の村上、実質5年目の岡本はまだまだ伸びる可能性があるだろう。

関連記事

トピックス

語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
引き続きエンゼルスの赤いユニフォームを着ることになった大谷翔平(写真=SipaUSA/時事)
大谷翔平、エンゼルス残留は最善の選択か「二刀流で毎日出場できる」プラス面
週刊ポスト
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
宮崎あおい、5年ぶりの映画復帰 目玉は過去作で「足蹴」「罵倒」の佐藤浩市との共演
女性セブン
和久田麻由子アナ(左)の15人目の候補は岡山放送局の松本真季アナ(右写真はNHK岡山の公式ツイッターより)
NHK“ポスト和久田アナ”、15人目の候補は入局2年目「筋金入りのリケジョ」
週刊ポスト
風吹ジュンが父を亡くしていた
風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気
女性セブン
松本若菜の姿を目撃
ブレイク女優の松本若菜「圧倒的美スタイル」と「意外な私服」に六本木が揺れた夜
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
結婚会見で指輪と元夫との写真を見せる小倉(2011年10月7日)
離婚した小倉優子 1人目の夫による「夜の生活」暴露の余波で「新たなファン層の獲得」
NEWSポストセブン
長沢麗奈容疑者(21)
厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン