国内

「パパ活女子」が悪意ある人々に食い物にされるケースも増えている

活動するように強要されたそれは「パパ活」だったのか?(イメージ)

活動するように強要されたそれは「パパ活」だったのか?(イメージ)

 家族でも親戚でもない経済的に余裕がある人から金銭的援助を受ける、と聞くと、それは受け取ってよい金なのかと躊躇する。ところが、これが「援助交際」「パパ活」というカジュアルな言葉に置き換えられると、ぐっと身近に、気軽なものに変わる。パパ活をしていたと言われる24歳女性に82歳男性が東京・池袋で殺害された事件をきっかけに、ライターの森鷹久氏が、言葉のカジュアル化で違法な営業活動に取り込まれる人が増えている実態を探った。

 * * *
 あれは本当に「パパ活」だったのか、そんな疑問が今でも消えない。というのも、パパ活というのは女性がみずからパパを募るのが原則だというのに、容疑者の女性が主体的に行ったと思われる形跡が極めて薄いのだ。

 事件は1月21日の夜、東京・池袋のホテルで高齢男性の刺殺体が見つかったことで明るみに出た。翌日には、男性を殺害したとして24歳の女性が逮捕、続けて容疑者を匿ったとして29歳と25歳の兄弟が逮捕され、女性が高齢男性を相手に「パパ活」をしていたと各メディアが報じた。

 数日後には、複数の週刊誌やニュースサイトが、女性に精神疾患の可能性があり、さらに兄弟の1人とかつて交際していたこと、そして「パパ活」が兄弟の指示によって行われていたらしいことを指摘していた。

「パパ活」とは本来、女性がみずから経済的な援助をしてくれるパパのような存在のパトロンを探すものだが、実際には、人に命じられると断れない性質の女性に兄弟がパトロン探しを強要していた、というのが事実のようだ。パパ活というと食事を同席したり、遊園地などで一緒に時間を過ごすなど、基本的に肉体関係を強要しないものとされるが、女性が命じられていたパパ活の実態は、命じられるがまま他人に体を売る、というものだったようだ。

 この女性のように、肉体関係を前提としたパパ活を、第三者に強要されるケースが増えていると明かしてくれたのは、都内で複数のキャバクラ店を経営する野中孝さん(仮名・40代)だ。

「パパ活って言葉、テレビや新聞でも聞くようになったでしょう? あれで売春が一気にカジュアル化した。うちの店で働くキャストの女の子もホストにハマってしまい、売掛け(つけ)を払うためにホストから『パパ活やって』といわれ、実際にやっていました。大きな犯罪に巻き込まれる可能性もあり、かなり厳しく叱りましたが、本人は『パパ活だし』という感じ」(野中さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト