芸能

小栗旬が突然来なくなった!『鎌倉殿』撮影現場が困惑した主役不在の10日間

突然不在

突然、10日間不在に…

「戦はまだ始まったばかりじゃ!」──源頼朝(大泉洋・48才)の呼び掛けに、屈強な坂東武者たちが奮い立つ。小栗旬(39才)演じる主人公・北条義時もまた、戦いへの決意を新たにした。三谷幸喜氏(60才)が大河ドラマ3度目の脚本を担当する『鎌倉殿の13人』(NHK)。2月13日に放送された第6話では、大敗を喫した源氏の一党が再起を誓い、物語は序盤の山場を迎えている。

 随所にある“三谷節”の高い「エンタメ性」が評価されている。視聴率は堅調で、ネット配信での視聴者数が前作『青天を衝け』の約3倍を記録するなど滑り出しは好調だ。小栗にとってはこれが大河ドラマ初主演。「これまでの役者人生の集大成」として、覚悟をもって撮影に臨んでいる。それは、妻である山田優(37才)も同様だった。

「昨年暮れ、静岡で行われた大河のロケ現場を山田さんが訪れていました。陣中見舞いというんでしょうか、出演者やスタッフに“どうか夫をよろしくお願いします”と、挨拶して回ったそうです。お世話になったかたへのお歳暮も『小栗優』の名前で贈っていたり。夫の覚悟を知っているだけに、内助の功を発揮している」(NHK関係者)

 家族のバックアップを得ながら撮影に臨んでいた小栗。ところが、撮影現場では緊急事態が発生していたという。

「1月末から2月上旬にかけて突然、小栗さんが現場に来なくなった。急きょ撮影スケジュールが大幅に組み替えられ、小栗さんが登場しない場面の撮影が重点的に行われたんです。現場になぜいないのか説明もされず……“撮り続けていいの?”とスタッフも困惑していました。小栗さんが復帰したのは約10日後のこと。いまだ詳しくは知らされず、小栗さんの状況を案じる声まであがっていました」(前出・NHK関係者)

 スタッフや共演者が小栗を心配する背景には、芸能界のコロナ感染事情があるようだ。現在、感染力の強いオミクロン株が、芸能界でも猛威を振るっている。撮影現場では、マスクをつけられないこともあり、万全の対策をしていても感染が確認されるケースもある。もちろん、誰にでも感染リスクがあり、感染自体は責められることではない。

「多くの場合、映画やドラマ、テレビ番組に出ている芸能人は、たくさんの別の仕事を抱えています。本来であれば、濃厚接触の状況などをしっかり確認して対応すべきなんですが、保健所がパンクしていて、出演者それぞれの接触状況の確認がされない。それを待ってすべての現場を止めるわけにもいきません。ほかの現場に影響を及ぼしてしまうため、公表しないケースが増えてきています」(テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン