芸能

小池栄子、伊藤沙莉ら実力派が続々ヒロイン抜擢 次は三浦透子か

元グラドル、今は演技派(小池栄子)

元グラドル、今は演技派(小池栄子)

 新ドラマの視聴率トップ争いを繰り広げているNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』とフジテレビの月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』には共通点がある。主役級の豪華キャストが何人も並ぶなか、『鎌倉殿』では小池栄子、『ミステリ』では伊藤沙莉と、これまでは脇役のイメージが強かった実力派女優がヒロインに起用されているのだ。

 なぜ彼女たちが抜擢されたのか。それにはテレビドラマをめぐる視聴形態の変化が影響しているという。ベテラン芸能ライターが解説する。

「今のドラマはリアルタイムの視聴率だけでなく、NHKであればNHKプラス、民放であればTVerといった見逃し配信、さらにParaviやAmazon Prime Video、Netflixといった動画配信サービスでの視聴者数も重視されています。そうなると、キャスティングの話題性よりも、コンテンツとしての評価が高いほうが幅広い視聴者に届きやすいという考え方にテレビ局がシフトしています。

 そうしたなかで、固定ファンの多い若手の人気女優やアイドルではなく、小池さんや伊藤さんのように安定した演技力に定評のある女優がヒロインに起用されるケースが増えています。『鎌倉殿』も『ミステリ』も、ずらりと個性派キャストが並んでいますが、小池さんと伊藤さんが一歩引いた受けの演技をすることで、作品に落ち着きを与えています。彼女たちが長年、脇役として培ってきたキャリアが活きているのでしょう」
 
 昨年12月まで放送されていた『SUPER RICH』(フジテレビ系)で主演を務めた江口のりこなども同様のケースと言える。この流れを決定づけたとされるのが、2018年度後期に放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』の主演に安藤サクラが起用されたことだ。

「若手人気女優の登竜門とされてきた朝ドラで当時32歳の安藤さんがヒロインを務めると発表された際には、『朝ドラには地味ではないか』と懸念する声が業界内にもありました。しかし、『まんぷく』は総合視聴率において過去5作品で最高となる成功を収め、作品としても高い評価を得ました。以降、『若手女優よりも実力派』のキャスティングが民放にも広がりだしたんです」(同前)

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン