芸能

小池栄子、伊藤沙莉ら実力派が続々ヒロイン抜擢 次は三浦透子か

元グラドル、今は演技派(小池栄子)

元グラドル、今は演技派(小池栄子)

 新ドラマの視聴率トップ争いを繰り広げているNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』とフジテレビの月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』には共通点がある。主役級の豪華キャストが何人も並ぶなか、『鎌倉殿』では小池栄子、『ミステリ』では伊藤沙莉と、これまでは脇役のイメージが強かった実力派女優がヒロインに起用されているのだ。

 なぜ彼女たちが抜擢されたのか。それにはテレビドラマをめぐる視聴形態の変化が影響しているという。ベテラン芸能ライターが解説する。

「今のドラマはリアルタイムの視聴率だけでなく、NHKであればNHKプラス、民放であればTVerといった見逃し配信、さらにParaviやAmazon Prime Video、Netflixといった動画配信サービスでの視聴者数も重視されています。そうなると、キャスティングの話題性よりも、コンテンツとしての評価が高いほうが幅広い視聴者に届きやすいという考え方にテレビ局がシフトしています。

 そうしたなかで、固定ファンの多い若手の人気女優やアイドルではなく、小池さんや伊藤さんのように安定した演技力に定評のある女優がヒロインに起用されるケースが増えています。『鎌倉殿』も『ミステリ』も、ずらりと個性派キャストが並んでいますが、小池さんと伊藤さんが一歩引いた受けの演技をすることで、作品に落ち着きを与えています。彼女たちが長年、脇役として培ってきたキャリアが活きているのでしょう」
 
 昨年12月まで放送されていた『SUPER RICH』(フジテレビ系)で主演を務めた江口のりこなども同様のケースと言える。この流れを決定づけたとされるのが、2018年度後期に放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』の主演に安藤サクラが起用されたことだ。

「若手人気女優の登竜門とされてきた朝ドラで当時32歳の安藤さんがヒロインを務めると発表された際には、『朝ドラには地味ではないか』と懸念する声が業界内にもありました。しかし、『まんぷく』は総合視聴率において過去5作品で最高となる成功を収め、作品としても高い評価を得ました。以降、『若手女優よりも実力派』のキャスティングが民放にも広がりだしたんです」(同前)

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン