国際情報

FB愛犬家コミュニティの悲しき分断 ロシアのウクライナ侵攻で代理戦争状態に

ウクライナ国境からおよそ13キロにある南部ポーランドのプシェミシル駅に到着した避難民。愛犬とともに(AA/時事通信フォト)

ウクライナ国境からおよそ13キロにある南部ポーランドのプシェミシル駅に到着した避難民。家族であるペットとともに(AA/時事通信フォト)

 ペキニーズも含め、犬や猫と飼い主の脱出についての情報もシェアされていた。要旨のみ抜粋。

「ウクライナ情勢に関連して、今日ポーランド中央獣類検査局に提訴しました。戦争地帯から移動するウクライナの市民が家族、犬、猫を連れてポーランドの領土への入国できるように求めました。すぐ回答していただき、軍事紛争の際に避難した動物は検査なく入国できるとのことです。理解と迅速な対応をありがとうございました!」

 これはポーランドのウッチに住む動物ジャーナリストの情報で、ウクライナからの避難民が動物を連れて行くときに狂犬病などの検査を特別に免除することをポーランド検査局が認めたという内容である。こちらも真偽のほどは確かめられていないが、有名YouTuberがペットとともにポーランドへ避難できたことが確認されていることを考えると手続きが簡略化されているのは間違いなさそうだ。ウクライナとポーランドの関係は密接なので大量の避難民が押し寄せる。ポーランドはそれに備えていち早く対応している。ペットは家族、飼い主からすれば捨てて逃げられるわけもない。また以下のような都市攻撃に対する心構えを書いている人の情報もシェアされていた。

「どんなに深くても救われる手立てはあります。走って、深みを探して落ちてください。2~5秒の判断です。どんな穴でもあなたを救う! 大事! 砲撃の後の破片には触るな!」

 これは砲撃に遭った際どうすべきかを指している。とにかく穴があったら飛び込め、直撃を受けるよりはマシ、ということだ。もっとも「正直、チャンスは低い…… でも! あなたの命を救う可能性のある2つのこと、そして横になること!!! 神様、皆さんをお救いください!」ともあり、当たり前だが都市に集中砲火を浴びてはどうにもならない事態になることも書かれている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン