国際情報

FB愛犬家コミュニティの悲しき分断 ロシアのウクライナ侵攻で代理戦争状態に

2月26日、ウクライナからポーランドへと避難する母と子供たち、愛犬も(dpa/時事通信フォト)

2月26日、ウクライナからポーランドへと避難する母と子供たち、愛犬も(dpa/時事通信フォト)

友だちリストから消えろ!

 もちろん、侵攻したロシアや指導者のプーチン大統領に対する怨嗟も書き込まれている。それまで、このコミュニティでそんなものは見たことがない。論争はあっても最後はペキニーズが解決してきた、そんな場所だ。

「ウクライナと共に。プーチンはヒトラー」

 ロシアのリャザン出身のペキニーズ飼いの女性はオランダから戦争反対、反プーチンを表明していた。ロシア首脳はともかく、ロシア人の多くも戦争なんかしたくない。プーチンを選んだ云々も不正まみれの選挙の結果である。別の女性は、

「ウクライナ戦争反対デモの最中、ロシアのいくつかの都市で木曜日に1400人近くが逮捕された。世界文明の危機、サイコパシーの独裁者プーチン=スターリンに届け」

 と悪魔のスタンプつきで批判していた。この時点から事態はさらにすすみ、ロシアの人権団体の発表によれば2月27日までに5000人超が拘束されたという。またペキニーズのコミュニティなので、ニジニ・ノヴゴロド在住のロシア人は「ペキニーズは政治の外だ! 世界中にPekingese for the world!!!!!」と書いている。それぞれに立場と考え方がある。ただ彼の書き込みももっともな部分があり、実際、平和だったはずのペキニーズコミュニティで対立者の排除を訴え始めた愛好家が出始めた。ウクライナ西部、リヴィウのペキニーズ愛好家は、

「私の国で戦争が起きた! ロシア軍がウクライナのすべての都市を攻撃している! 子供を苦しめる平和軍たち! 私の友達リストに載っていて、ウクライナに対する攻撃性を支持している人全員に訴えます。リストから消えろ! 共通点は持てない!」

 と訴えた。ついにロシアとウクライナ、同じペキニーズ飼いとしてつながっていた者同士も対立、批難合戦を始めた。かつては互いの愛犬の写真を見せあって「ミーラヤ」(ロシア語で「かわいい」)、「ジャークユ」(ウクライナ語で「ありがとう」)と交わしていたはずなのに。
 
「ロシアと真実のために! 偽の挑発を支持するウクライナ人やその他の国の連中を友達から削除しましょう! キエフ当局による嘘と偽物と文字通りのゾンビがいる!」

 ロシア南部、カスピ海に面したキャビアの産地としても知られるアストラハン在住、ペキニーズブリーダーのロシア人男性もまたこう訴え始めた。これに対してミンスク在住のペキニーズ愛好家のロシア人女性が「ロシアに乾杯!」とスタンプを送り、ウラル地方の首都でありロシア最後の皇帝ニコライ2世一家が銃殺された場所でもあるエカテリンブルクに住むペキニーズ飼いのロシア人女性もまた「全面的にあなたを支持します!!! ロシアとその大統領(プーチン)を誇りに思う!!!」とロシア人同士で称賛しあった。カザフスタンのテミルタウに住むロシア人愛犬家に至っては「プーチンは平和的に紛争を解決する機会を与えたが、ゼレンスキーはそれを無視した」とウクライナ大統領が悪いと批難している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト