国際情報

FB愛犬家コミュニティの悲しき分断 ロシアのウクライナ侵攻で代理戦争状態に

2月25日、ウクライナとの国境の町ポーランドのメディカにやってきた避難民。愛犬も一緒(dpa/時事通信フォト)

2月25日、ウクライナとの国境の町ポーランドのメディカにやってきた避難民。愛犬も一緒(dpa/時事通信フォト)

 しかしモスクワのペキニーズ飼い、スヴェトラーナはこのやりとりに対して勇気をもって諌めている。

「お互いを大切にすることが大切です。決して自分と他人を分断しないことです。私と家族は心から、みなさんの平和を願っています。私は自分の考えを表した、追加するものは何もない」

 ウクライナは間違いなく侵略を受けている被害者だが、ロシア人の多くもまた政治体制が問題なだけで、決してすべてのロシア人が侵略者に加担しているわけではない。

「私のFacebookとMessengerは終わります。(ロシア)政府が禁止にする。私との連絡はメールで!」

 やがてこのような書き込みがロシア側の愛犬家たちから寄せられ始めた。実際にロシア当局は26日、Facebookへのアクセス制限を正式に発表した。またFacebookを運営するメタ社もその事実を認めた。戦争が激しくなるウクライナの愛犬家同様に、情報統制でロシアの愛犬家も一人、一人と消えてゆく。

 戦争という現実が、なんの変哲もなかった愛犬家コミュニティを崩壊させようとしている――。「味方になってくれ」「お前はどちらだ」とメッセージが来る悲しさ。それまで「うちのペキニーズを見て!」と他愛もない愛犬自慢をしあっていただけなのに。繰り返すがそれまでも政治的な意見交換はあっても、ペキニーズがすべてを解決し、みなを笑顔にしていた場だ。それがいまや排除と批難の戦場になっている。ましてや筆者とつながっているウクライナ人の多くはキエフを始めウクライナ各地で、愛犬とともにリアルな戦場で生命の危機にある。26日になると「シェルターに避難します」「祈りと覚悟を決めました」こんな書き込みが写真とともにタイムラインを流れはじめた。

 そして27日、ついにヘルソーンスィカ(ヘルソン)に住むブリーダー、アレクサンドラが砲撃により家を焼かれ、亡くなったとの知らせがFacebookフレンドからもたらされた。彼女はこれまで「家の上を戦闘機」「静けさは終わった、また爆弾」と伝えてくれていた。これが戦争か。筆者はあまりに知らなすぎた。

 戦争は、何もかもを分断する。

 みんな、愛する犬と微笑んでいたはずなのに――。

※申し出たユーザーのテキストは可能な限りの名前を載せた上で原文重視の翻訳の上で使用したが、内容によっては政治的な配慮のため一部のユーザー名は割愛した。また一部のユーザーは目的の範囲内においての引用、抜粋にとどめた。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)ジャーナリスト、著述家、俳人。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。社会問題、生命倫理のルポルタージュを手掛ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン