ライフ

コロナ禍で乱れる「体内時計」の健康リスク 糖尿病やうつ病への影響も

(写真/Getty Images)

コロナ禍の巣ごもり生活で体内時計が乱れる人が急増(写真/Getty Images)

「今日は休日だし、もう少し寝てもいいかな」。ついつい乱れがちなコロナ禍の生活リズムが、多くの人たちの健康リスクを高めている。一日の始まりと終わりをリセットできない日々によって、深刻な病気のタイムリミットが迫っているかもしれない。

 地球上の生物は、「体内時計」によって約25時間周期で生活リズムを刻んでいる。

 2017年には「時計遺伝子」のメカニズムを解明したアメリカの研究者がノーベル賞を受賞し、体内時計と健康の関係性が世界中で注目されるようになった。それ以降、「規則正しい生活」の重要性がより指摘されてきたが、コロナ禍の巣ごもり生活によって多くの人々の体内時計が狂い始めている。

 米ハーバード大学医学部客員教授で医師の根来秀行さんが話す。

「世の中にリモートワークが浸透し始めた約2年前は、出社が不要になったり、出勤時間が遅くなったことで『余裕のある朝を過ごせる』と喜ぶ声を多く聞きました。ところがいまはそれが逆効果となり、不調を訴える人が増えています。

 起床時間が乱れて夜ふかしが増え、自宅作業で職場まで歩かないため運動不足が続いている。不安やいら立ちによるストレスもたまり、夜になっても気が張りつめている人が多いのです」

『食べる時間でこんなに変わる 時間栄養学入門』(講談社)の著者で、早稲田大学先端生命医科学センター教授の柴田重信さんの研究グループが2020年8月に発表した約3万人を対象に行った調査でも、10〜70代すべての世代で、外出自粛生活が始まってから平日の起床時刻が遅くなったことが明らかになっている。

 通勤や通学といった社会的制約がなくなり、生活に「ゆるみ」が生じた人々の中には、そのゆるみが健康リスクとして自身に跳ね返っている人もいる。柴田さんが言う。

「巣ごもり生活で、『太った人』と『やせた人』の両方が存在します。やせたのは、夜遅くまで接待や会合に出かけていた人たち。夜型の生活から朝型に変わったことでやせました。

 一方、好き勝手に夜食を食べ、深夜までゲームをする夜型生活に変わった人たちは太っています。もともと、人の体内時計のサイクルは24時間より少し長くできているため、放っておくとずれていき、夜型になりやすい性質がある。自制しなければ、みるみるうちに夜型へと体内時計が狂ってしまいます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン