芸能

復帰の渡部建「すけべさん」ネタがギリギリのラインか 児島はイジられキャラの持ち味が消えるジレンマ

渡部

活動再開も、課題は山積のようだ(写真は2021年2月)

 不倫騒動により1年半以上にわたって芸能活動を自粛していたアンジャッシュ渡部建(49才)が、2月15日放送の『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)で芸能活動を再開。同日の放送は、ひたすら経緯説明とお詫びに終始したアンジャッシュの2人だったが、翌週には通常通りの放送内容に戻り、ゲストの芸人とのトークが繰り広げられた。

 渡部の復帰が決まると、ネット局として『白黒アンジャッシュ』を放送していたTOKYO MXは放送打ち切りを決定。まだまだ逆風は強いが、復帰2回目の番組では、相方の児嶋一哉(49才)が色々とネタを繰り出してきた。

 児島はオープニングトークで2人の立ち位置を変更することを提案。30年近く固定してきた左右のポジションを変えると、これからは「ア~~ンジャッシュ!」という決めポーズを毎回やることも決めた。さらに児島は、持ちネタである「大島さん」「児島だよ!」のやりとりの後に、「すけべさん」「渡部だよ!」というやりとりを加えることを提案。渡部に拒否権はないようで、これもすんなり採用された。

「復帰初回は笑顔もなければ笑いもゼロでしたが、2回目は冒頭から『(前回は)葬式のような回で……』と自虐ネタを繰り出して場の雰囲気が和み、『すけべさん』『渡部だよ!』のくだりではスタッフから大きな笑いが漏れました。当日のゲストは事務所の後輩のザ・マミィでしたが、“やりにくい”“何を話していいか分からない”と困惑する様子が1つのネタとして成立しており、渡部も児島も手応えを感じた様子でした」(テレビ情報誌記者)

 頭を下げても“それでおしまい”にならないのはつらいところだが、世の反応を探りながら前進する道を選んだアンジャッシュ。周囲に気を使わせないように、進んで「すけべ」をネタにするのは悪くないアイディアに思えるが、諸刃の剣であることは否めない。キー局関係者はいう。

「渡部の復帰に際して周りが最も気にするポイントは、どこまでイジっていいのかということです。あれだけの騒動になった以上、まったく触れないのは不自然ですが、ことの性質上、激しくイジるのも厳しい。その点、『すけべ』はギリギリのラインで、言葉のチョイスとしては正解だったと思います。

 ただ、すけべという単語が出ることで、多目的トイレを思い出してイヤな気分になってしまう人は確実にいるはず。番組によってはハッキリNGを出すところもありそうで、定番化するのはなかなか難しいでしょう」(キー局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン