芸能

読書家女優の南沢奈央「母の闘病だけは苦しくて書けなかった」

南沢奈央

遠藤和さんの闘病記に感銘を受けたという南沢奈央

  21才で大腸がんステージIVの宣告を受け、22才で結婚、23才で娘を出産。2021年9月、闘病の末に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんが1才の娘のために綴った日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が話題を呼んでいる。芸能界きっての読書家で、書評の連載も持つ女優の南沢奈央さんに話を聞いた。

 * * *
 もともと、読書が大好きでした。好きだと口にしていたら、ありがたいことに書評のお仕事までいただけるようになり、現在に至ります。ただ、読むのは小説などフィクションが主で、ノンフィクションにはあまり触れてきませんでした。なかでも闘病記というジャンルの本はほとんど読んだことがなかったので、新鮮な気持ちで手に取りました。

 表紙とタイトルを見て、ずっとつらい話が続くのかな? と身構えてどきどきしていたのですが、想像していたよりもたくさん前向きな言葉が散りばめられていたので、のめりこむように読み進めることができました。和さんのまっすぐな言葉は、私の心にグサグサと刺さり……、むしろ励まされちゃった、そんな感覚です。

 ふだん、本にふせんを貼ることはしないのですが、今回は勇気をもらえた言葉や印象に残ったシーンを覚えていたくて、結果的に、かなりたくさん貼ることになりました。

 たとえば、2021年5月20日の日記の「(入院中、夫の遠藤将一さんに)会えただけで全然違う。生きる気力が湧いてきた。やっぱり、遠藤さんが最強の薬なんだ」という言葉は、すごく印象的でした。将一さんは、一貫して「がんは治る」と励まし続けました。いちばん身近な家族が、誰よりも前向きでひたむきな姿勢だったことは、和さんも心強かっただろうなと思います。そして、病気と闘っている和さんの姿は、とても力強くたくましかったです。

 将一さんと、和さんのご実家も交えて、頻繁に家族会議をするスタイルも素敵だと思いました。「話し合って決める」って、シンプルなように見えて、難しいじゃないですか。でも、和さんのご家族は、それぞれ自分の意見を言って、ほか家族の意見を聞いて――双方向のコミュニケーションを成り立たせていて、すごいなと感銘を受けました。

 読みやすかったのは、日記という形式だったこともあるのかな。私、子供の頃から日記が好きだったんですよ。友達との交換日記にはすごくハマった記憶があります。懐かしい(笑い)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
にこやかな表情を見せる清宮幸太郎
両親の迎えで笑顔になった日ハム・清宮幸太郎 ファンのサインに応じる“神対応”現場
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン