芸能

読書家女優の南沢奈央「母の闘病だけは苦しくて書けなかった」

南沢奈央

遠藤和さんの闘病記に感銘を受けたという南沢奈央

  21才で大腸がんステージIVの宣告を受け、22才で結婚、23才で娘を出産。2021年9月、闘病の末に24才で亡くなった遠藤和(のどか)さんが1才の娘のために綴った日記をまとめた『ママがもうこの世界にいなくても』が話題を呼んでいる。芸能界きっての読書家で、書評の連載も持つ女優の南沢奈央さんに話を聞いた。

 * * *
 もともと、読書が大好きでした。好きだと口にしていたら、ありがたいことに書評のお仕事までいただけるようになり、現在に至ります。ただ、読むのは小説などフィクションが主で、ノンフィクションにはあまり触れてきませんでした。なかでも闘病記というジャンルの本はほとんど読んだことがなかったので、新鮮な気持ちで手に取りました。

 表紙とタイトルを見て、ずっとつらい話が続くのかな? と身構えてどきどきしていたのですが、想像していたよりもたくさん前向きな言葉が散りばめられていたので、のめりこむように読み進めることができました。和さんのまっすぐな言葉は、私の心にグサグサと刺さり……、むしろ励まされちゃった、そんな感覚です。

 ふだん、本にふせんを貼ることはしないのですが、今回は勇気をもらえた言葉や印象に残ったシーンを覚えていたくて、結果的に、かなりたくさん貼ることになりました。

 たとえば、2021年5月20日の日記の「(入院中、夫の遠藤将一さんに)会えただけで全然違う。生きる気力が湧いてきた。やっぱり、遠藤さんが最強の薬なんだ」という言葉は、すごく印象的でした。将一さんは、一貫して「がんは治る」と励まし続けました。いちばん身近な家族が、誰よりも前向きでひたむきな姿勢だったことは、和さんも心強かっただろうなと思います。そして、病気と闘っている和さんの姿は、とても力強くたくましかったです。

 将一さんと、和さんのご実家も交えて、頻繁に家族会議をするスタイルも素敵だと思いました。「話し合って決める」って、シンプルなように見えて、難しいじゃないですか。でも、和さんのご家族は、それぞれ自分の意見を言って、ほか家族の意見を聞いて――双方向のコミュニケーションを成り立たせていて、すごいなと感銘を受けました。

 読みやすかったのは、日記という形式だったこともあるのかな。私、子供の頃から日記が好きだったんですよ。友達との交換日記にはすごくハマった記憶があります。懐かしい(笑い)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン