芸能

【角川三人娘】女優・歌手として大活躍も「学業を優先」「恋愛も制限なし」

1991年に安全地帯のリーダー玉置浩二(63才)と結婚した薬師丸。ハワイで挙式をしたが、1998年に離婚が成立。結婚生活は7年半だった

1991年に安全地帯のリーダー玉置浩二(63才)と結婚した薬師丸。ハワイで挙式をしたが、1998年に離婚が成立。結婚生活は7年半だった

 1980年代、日本映画界に彗星のごとく現れた薬師丸ひろ子(57才)、原田知世(54才)、渡辺典子(56才)。いまも第一線で活躍し続ける彼女たちの原点は、10代でヒロインを務めた『角川映画』にある。“角川三人娘”と呼ばれた彼女たちの才能を見出した編集者・映画監督・映画プロデューサーの角川春樹さんと映画宣伝プロデューサーの遠藤茂行さんが当時を振り返る──。【全4回の第2回】

主題歌もヒットさせた角川三人娘

〈彼女たちは、自身が主演する作品の主題歌も歌い、軒並みヒット。薬師丸のシングル『セーラー服と機関銃』(1981年)は約120万枚、原田の『時をかける少女』(1983年)は約59万枚、渡辺の『晴れ、ときどき殺人』(1984年)は約15万枚を記録している〉

遠藤:彼女たちが同じ週のヒットチャート上位に登場するなんてこともありましたね。

角川:薬師丸に関しては『野性の証明』のときから歌わせたいと思っていました。

 彼女は中学生の頃、コーラス部で歌の素養はあったんです。ただ、歌わせるとコーラス部独特の歌い方で個性がない。そこで音楽プロデューサーの酒井政利さん(享年85)のところに行かせて、レッスンを受けさせました。

 その後、主演2作目の『ねらわれた学園』(1981年)では、ユーミン(松任谷由実・68才)に楽曲を依頼しました。ちょうどその頃、ユーミンは結婚して人気に陰りが見えていた頃でしたが、彼女と親交があった私は、主題歌を依頼しました。それでできた曲が『守ってあげたい』です。当初は薬師丸に歌わせるはずでしたが、意外にも彼女が断ったので、ユーミンの歌唱でいくことにしたのです。結果、大ヒット(累計販売枚数69万枚以上)となりました。

『セーラー服と機関銃』の主題歌は、当時の所属レコード会社だった『キティレコード』のプロデューサーと進めた企画でした。もちろん私は承諾しましたが、歌わせたいと提案したのは、相米慎二監督(享年53)です。

遠藤:あの曲がヒットしたのも、角川さんが薬師丸さんという女優のカリスマ性を大切にしたからですね。なんでもかんでも露出することをよしとしないで、映画に関するキャンペーン以外は表に出ないとか。アイドル雑誌の取材依頼もありましたが、断ることの方が多かった。『セーラー服と機関銃』はCMスポットや予告をガンガン流して、本人の露出は極力、控えていました。

 そして公開前に、主題歌のお披露目イベントを新宿アルタ前で行う、とメディアを通して告知しました。すると前日から大勢の人が並び、イベント当日は1万5000人以上が駆けつけ、機動隊まで出動。新聞には『セーラー服と機動隊』という見出しもついたほどです。それからは歌番組などにも出演し、一気にスターダムにのし上がりました。

関連キーワード

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
大江順一キャディ(時事通信フォト)
ブチ切れキャディー「武豊のようになりたい」「人気の薄い馬でも一気に人気高まる」発言で“炎上”の過去
NEWSポストセブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
5月に摘発されたハプニングバー「眠れる森の美女」
乱交パーティ、連続摘発の裏で「ハプニングバーvs個人主催者」の密告合戦
週刊ポスト
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト