芸能

小日向文世、どんなに売れても変わらない妻「行ってきますのキス」は欠かさず

(撮影/高柳茂)

映画やテレビに引っ張りだこの小日向文世の原動力とは?

 深津絵里(49才)、寺島しのぶ(49才)、そして竹下景子(68才)──名だたる女優の夫役に抜擢される俳優・小日向文世(68才)。しかし、彼にとって最も自分を輝かせる女性は、39才のときに結婚した11才年下の妻のようだ。

 近頃、小日向は乗りに乗っている。放送中のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)では、菅田将暉(29才)演じる主人公・整の隣のベッドに入院する定年退職後の刑事役を熱演し、話題になった。

 4月からは連続ドラマ『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系)に主演する。

「過去にスペシャルドラマとして放送されてきた人気シリーズの連ドラ化です。小日向さんは、主演だけにセリフがかなり多いので、“記憶力との闘いだ!”と必死です。

 68才で主演を果たした後はしばらく休むのかと思いきや、仕事の予定は2~3年先まで埋まっているというから、驚きました」(テレビ局関係者)

 彼の元気のもとを関係者に取材すると、多くの人が「家庭が安定しているからですよ」と答える。

「奥さまはかつて小日向さんと同じ劇団に所属していた舞台女優。引退したいまは、かなりの多趣味で知られています。料理教室に通ったり、ワインにも相当詳しい。

 それに、編み物の腕もプロ並みです。飼っているトイプードルの服を編むのにハマっているみたいです。

 飲み会にも参加せず、いつもまっすぐ家に帰る小日向さんは、奥さまと過ごす時間でパワーをチャージしているんですよ」(舞台関係者)

 ふたりが結婚したのは1993年。23才から俳優の道を歩んでいた小日向は当時、ほぼ無名の俳優だった。結婚後、長男に恵まれるがほどなくして所属していた劇団が解散。映像の世界に転身するが、42才の新人には、仕事が用意されていなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン