芸能

異例のヒット「SMAPの反戦歌」作詞家が明かす意外な「誕生秘話」

SMAPのヒット曲『SHAKE』の披露も

『Triangle』を披露した木村拓哉(写真は2020年)

 3月6日、2年ぶりとなった木村拓哉(49才)のライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination」が最終公演を迎えた。コンサートが佳境に入ると、木村は「今日は急遽コーラスの2人にも手伝ってもらって、特別にこの曲をやります」と話し、SMAPのある一曲を歌い始めた。2005年にリリースした『Triangle』だ。

 会場にいたファンは「スクリーンには木村さんが手書きした歌詞が映し出され、サビはコーラスとともにアカペラで力強く歌ってくれました。皆、ウクライナの現状を思い浮かべたのでしょう。すすり泣く声も聞こえてきました」と明かす。

 この曲を聴いてほしいと考えたのは、木村だけではなかった。2月28日、稲垣吾郎(48才)も自身のラジオ番組『THE TRAD』で同曲を流していた。稲垣が自身のラジオでSMAPの曲を流すのは、2016年末のグループ解散後初のことだった。彼らの行動には理由がある。

「『Triangle』は平和や命の尊さをストレートに歌った曲です。いま、ロシアとウクライナの情勢を受けて “SMAPの反戦歌”として再注目されており、歌詞サイト『うたまっぷ』では検索ランキング1位に、『Billboard JAPAN』のダウンロード数チャートでも3位にランクインしました。木村さんがサプライズで披露したのは、こういった反響を受けてのことでしょう」(レコード会社関係者)

『Triangle』の作詞・作曲を手掛けたのは、ヒット曲『オレンジ』(2000年)を担当した市川喜康さんだ。『世界にひとつだけの花』(2003年)と並んで、解散までに3度も紅白で歌われた曲だが、当初はシングルCDとして発売する予定はなかったという。市川さんが話す。

「曲を書いたのは2004年で、アフガニスタンの混迷や世界各国での自爆テロがさかんに報じられていた頃です。反戦の思いを伝える曲を作りたいと考え、『Triangle』の原型のような曲ができ上がりました。通常はこういう曲を書いてください、とレコード会社からオファーがあってコンペが行われるのですが、『Triangle』は僕が勝手に作って持ち込んだ曲なんです。結果、コンサートで歌われることになり、後にファンの声が大きくなったことからCD化が決まりました」

ソロとして初めてのライブツアーをスタート

「TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination」の最終公演を迎えた(写真は2020年)

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン