芸能

『カムカムエヴリバディ』何もしない錠一郎は“4人目のヒロイン”だ

ミュージシャンの夢破れた大月錠一郎を好演(時事通信フォト)

トランペッターの夢破れた大月錠一郎を好演(時事通信フォト)

 人気沸騰中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』。〈未来なんてわからなくたって、生きるのだ。〉〈バトンを渡して、わたしは生きる。〉などのキャッチコピーに示されるように、異例の3世代ヒロインが登場して話題を呼んだ朝ドラもいよいよ最終盤を迎えた。ドラマオタクのエッセイスト小林久乃氏は、本作に“4人目のヒロイン”を見出したという。小林氏が綴る。

 * * *
 3月に入り、NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(以下、『カムカム』)が最終章へ突入した。上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんの3人のヒロインによる戦前からの3世代を描く物語は、放送開始前から話題を呼んでいた。3人一緒に木の上でポーズをとるメインビジュアルを今一度見直すと、女性が自由に羽ばたくイメージが見事に表現されている。今までの朝ドラも良かったけれど、視聴者の間でいつにない盛り上がりを見せているのも頷ける。

 その傍らで、もう一人のヒロインだと任命したい登場人物がいる。それがオダギリジョーさん演じる大月錠一郎である。現在のヒロイン・ひなた(川栄)の父であり、るい(深津)の夫。職業はおそらく無職。

朝ドラ史上類を見ない夫の姿

『あさが来た』(2015年)で登場した、ヒロインの夫・白岡新次郎(玉木宏)のように、たとえば「ボンボン」「遊び人」という夫の設定は過去の朝ドラでも散見された。それでも、今回の錠一郎のように、働いている様子が一切見受けられず、いわゆる“ヒモ”状態になっている例は、あまり思い出せない。

 朝ドラ史上レアな存在となった錠一郎のヒモっぷりは視聴者の間でも、じわじわと話題に上がっていった。「ジョーさんはなんで働かないの?」「いつまたトランペットを吹くのか」。

 ストーリーを振り返ると、錠一郎の少年時代は不遇であり、いつも孤独と隣り合わせという暗雲の立ち込めた半生を送ってきた。戦災孤児で家族を知らない。名前もたまたま拾われた喫茶店のオーナーにつけてもらったもの。時を経てトランペットと出会い、るいとも想いが通い、さあ明るい道へ……と思ったら、原因不明の病気となりミュージシャンの道は断たれてしまう。絶望の果てに海に入ろうとしたところで、るいに救われる。

 彼がやっと手にしたのは“大月家”という家族。日向(ひなた)の道を歩く幸せを、数十年かかって掴んだのである。もうこのあらすじを反芻するだけで涙が溢れそうになってくる。錠一郎はただのクズや無職なのではない。るいという最良のパートナーに出会い、自我を見出した、錠一郎ブランドなのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン