ライフ

過激化するキャンセルカルチャー 処分を短絡的に決めてしまってはいないか

『ハリー・ポッター』シリーズの作者 J・K・ローリングさんは、ジェンダーを巡る発言でたびたびネット炎上している(AFP=時事)

『ハリー・ポッター』シリーズの作者 J・K・ローリングさんは、ジェンダーを巡る発言でたびたびネット炎上している(AFP=時事)

「キャンセルカルチャー」とは、特定の対象の言動などを取り上げ糾弾し、排除や排斥、追放やボイコットしようとするムーブメントのことだ。それは現在の行いだけでなく、過去に遡って問題にされ、不買運動をしたり辞任させたりなど、社会的制裁を積極的に求めるのがネット炎上と異なる。SNSによってこの動きは拡大している。キャンセルカルチャーはなぜどのような時に起きるのか。ネットやSNSの問題に詳しい成蹊大学客員教授でITジャーナリストの高橋暁子さんに聞いた。

 * * *
 あるアーティストのファンだったという人は語る。

「過去にひどいいじめをしていた言い逃れようがない証拠が出てきて、すごく残念だった。大きな仕事から降ろされただけでなく、アルバムも白紙になってしまい、作品自体は何も変わらないのに、もう純粋に楽しめなくなった。ただ、テレビとかで連日糾弾されていて、気の毒にも感じた」

 著名人による問題ある言動が取り沙汰されたが最後、それまでの活躍や能力などに関係なく徹底して叩かれ、社会的に葬り去られることが増えてきた。

 キャンセルカルチャーとはこのように、主に著名人などの過去の犯罪や不祥事、不適切な発言などを掘り起こし、それを元に批判し、社会的地位を失わせるなどして排斥する現象のことだ。数年あるいは数十年前の言動でも対象となり、一度問題視されれば、謝罪するか社会的地位などを失うまで糾弾され続ける。

 SNSやネットの過去の発言などが掘り起こされて起きることも多く、ソーシャルメディアが普及した2010年代後半から増えたと言われている。また、以前から見られた、大勢の前でミスや誤りなどを糾弾するさらし行為、「コールアウト・カルチャー」の一つとされる。

オリンピックで続いたキャンセルカルチャー

『ハリー・ポッター』シリーズで知られる作家のJ・K・ローリングさんは、2020年6月、複数回にわたりTwitterでトランスジェンダー差別だと受け取れる発信をしたとして、繰り返し批判を集めていた。SNS上の過去の言動から、トランスジェンダー排斥をする人物なのではないかという疑惑が浮上していたタイミングだったこともあって非難の声がおおきくなったのだが、謝罪しても責任を問う声は収まらなかった。これもキャンセルカルチャーの一つと言われている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト