ライフ

60代記者がサステナブルな暮らしに挑戦「プラ容器なし」で肉と魚を買ってみた

ゴミを減らす生活を決意

ゴミを減らす生活を決意(撮影/森浩司)

 コロナ禍で自炊をする人が増えたこともあり、家庭から出るゴミが増えているという。しかし、ゴミ処分場も無限ではない。このままでは日々出るゴミが行き場がなくし、街なかにあふれてしまう危険性もあるのだ。そこで、少しでもゴミを減らすべく、女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子が、ゴミゼロ生活に挑戦した。

わが人生のゴミものがたり

「エコ」より楽。そんな64年の人生でゴミ問題を正面から真剣に考えたのは今回が初めてです。

 もちろんゴミの分別を完全に無視するようなマネはしませんでしたが、可燃の中に不燃を混ぜたことが一度もないかというと黙るしかありません。

 28才でバツイチになり……。

 その後、今日の今日まで気ままなひとり暮らし、と言えば聞こえはいいけれど、ひと皮むけば毎日が泥舟の上。消費者金融からの督促に怯えた日も長く、顔で笑って心でビクビク。そんな人間がゴミの分別だけキッチリなんてことは、ありえません。“公共心は、来月の家賃の心配をしない人間だけに備わった徳”と、これだけは確信をもって言えます。

 40才から16年住んだアパートはエレベーターなしの4階建ての4階で、ゴミ出しもひと騒動でした。

 ゴミ集積所の前に自ら「感情のコントロールができない」という初老の女性が住んでいて、「カラスが来るだろッ。ちゃんと網かけろ」と何度怒鳴られたことか。

 それでゴミ出しは清掃車が来る直前にすることにしたのですが、タッチの差で清掃車は発車してしまい、両手に生ゴミでいっぱいの袋を提げて全力で追いかけたりして。

 清掃員の人が気づいて止まってくれたこともありましたが、たいがいはまた4階まで持ち帰ることになりました。

 いくらか暮らしが安定したのは50代半ばのこと。

 いまここで心を入れ替えたら、ダメダメだったゴミ人生が逆転して、少しは胸が晴れるかしら。

 そんなことを思いつつ、いつも通りの買い物で、どのくらいゴミが出るのかを見てみることに。1週間分ともなるとレジ袋2つにはなるのよね(今回は、これまで通り、レジ袋も購入してみました)。

 家に戻って、買ってきたものを並べてみます。しゃぶしゃぶ用の豚肉に、鶏肉のつくね、ロールキャベツに鮭のアラの粕漬け……と、お腹が空いていたのでお総菜やサンドイッチも買っちゃった。

 で、それらを容器や梱包材から出してみて、改めてびっくりよ。いままできれいに食材たちを包んでいたのに、中身を取り出したら、見てよ! このゴミ具合!!

いつも行くスーパーで「持参の容器に入れてください」と言ってみたら…

“サステナブル”という言葉を最近、よく耳にする。「究極はサステナブルですよね」と、ポッと顔を赤らめて言うの。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン