芸能

「おじさん、誰?」の一言で視聴者を驚かせた子役・毎田暖乃の名演技

妻、小学生

名俳優たちに引けを取らない演技で話題の毎田暖乃(写真右から2番目、公式HPより)

 堤真一(57才)が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)。亡くなった妻が小学生の姿になって戻ってくるというファンタジックな家族の物語だ。そんな本作で、回を重ねるごとに注目を集めているのが、小学生の姿になった妻を演じる子役の毎田暖乃(10才)だ。主演の堤らに引けを取らない好演を見せている。ベテラン俳優も顔負けの毎田の演技について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
『妻、小学生になる。』は、漫画家・村田椰融の同名漫画を実写化したもの。本作と同じ枠で2019年に放送された『凪のお暇』(TBS系)や、映画『サヨナラまでの30分』、劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』など、数々の作品を手掛けてきた大島里美(44才)が脚本を担当。今作でも個々のキャラクターの緻密な人物造形や、奇想天外な物語を無理なく展開させる手腕に評価が集まっている。

 あらすじはこうだ。10年前に交通事故で最愛の妻・貴恵を亡くした新島圭介(堤真一)は、10年もの間失意の日々を送り、娘の麻衣もまた社会に馴染めずにいた。そんなある日、10才の小学生・白石万理華(毎田暖乃)が2人の前に現れる。彼女は小学生の姿だが、亡くなった貴恵の生まれ変わりらしい。最初は取り合わない圭介と麻衣だったが、万理華の言動の数々から、彼女が本当に貴恵の転生した姿なのだと理解する。こうして還ってきた“貴恵”を中心に、止まっていた時間が動き出していく。

 こんな突飛な物語を立ち上げる座組は、若手からベテランまで、さすがは盤石の布陣である。主演の堤は愛する妻の帰還を少年のように喜ぶ圭介を演じ、ハートウォーミングなドラマの展開を牽引。若くして“演技派”とされている蒔田彩珠(19才)は、娘である麻衣が少女から大人へと成長していくさまを丁寧に演じている。そして、本来の姿の貴恵を石田ゆり子(52才)が演じており、貴恵という人物が周囲にとってどんな存在だったのかを視聴者に印象付けている。さらに、貴恵の弟役の神木隆之介(28才)、万理華の母親役の吉田羊(48才)をはじめとした優れたプレイヤーがこぞって出演。これだけの者たちと堂々と渡り合っているのが、まだ10才の毎田暖乃なのだ。

 毎田が演じる白石万理華の中にあるのは、貴恵という別の人格。万理華はある日突然貴恵の記憶を思い出し、それを境に万理華として生きてきた記憶をほとんど失ってしまったが、回想シーンでは本来の万理華も演じている。つまり本作で毎田は、一人二役を演じてのけているのである。貴恵の大人びた暖かい演技を見事に体現していることもさることながら、同時に10才の等身大の少女の役も完璧に表現した。

 特に、第7話のクライマックスで、万理華の中から突然貴恵の存在が消えた時の演技の衝撃は凄まじかった。10才の万理華に戻り、圭介に発した「おじさん、誰?」というセリフや表情には完全に貴恵の面影はなく、見た目通りのただの小学生だったのだ。気の強い貴恵を演じている時は太く鋭いセリフの発し方で、小学生の万理華の時は舌っ足らずな発話法で、視聴者を驚かせた。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン