芸能

ついに“真っ向対決”の『逃走中』と『鬼タイジ』、何が違うのか?

『逃走中』

『逃走中』は長年に渡って放送されている(写真は公式HPより)

 この週末、『THE鬼タイジ』(TBS系)、『逃走中』(フジテレビ系)という2つの人気アトラクション型ゲームバラエティが放送される。類似性も指摘されてきた両番組だが、どこが違うのか? そして内容や視聴率ではどちらに軍配が上がるのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 19日夜にTBSが『THE鬼タイジ』、20日夜にフジテレビが『逃走中』を放送します。

 どちらもアトラクション型のゲームバラエティですが、これまで何度もネット上で両番組の類似性が指摘され、「パクリだ」「全然違う」「こっちのほうが面白い」などの論争を巻き起こしてきました。

 両番組が同じ週の土日ゴールデンタイムで連日放送されることで、その内容、視聴率、反響などが比べられるのは間違いないでしょう。『THE鬼タイジ』と『逃走中』には、どんな違いがあり、どんな結果や今後が予想されるのでしょうか。

『逃走中』を猛追する『鬼タイジ』

 まず『THE鬼タイジ』は、「人間を襲う鬼を特殊な光線銃で打ち倒し、人間に戻す」というシューティングがメインのゲーム形式。「逃げる」より「攻撃する」要素が強く、サバイバルゲームを彷彿させるところがあります。一方の『逃走中』は、ハンターからひたすら逃げ続ける鬼ごっこ。両番組のゲームコンセプトに大きな違いがあることは明らかです。

 ただ、『逃走中』は長年放送されているほか、ドッジボールをベースにした攻撃型の『戦闘中』という派生番組もあり、さらに昨年にも逃げるモノノケを捕らえる『モノノケハント』も加わりました。そのため、「アトラクション型のゲームバラエティと言えば、フジテレビの『逃走中』シリーズ」というイメージの視聴者が多いことは確かです。

 また、多くの芸能人やアスリートなどを集めて行われること、成果によって多額の賞金が得られること、追い込まれた状況を作って出演者の素顔を引き出そうとしていることなどは、ほぼ同じだけに後発の『THE鬼タイジ』は「パクリ」などと言われやすいところがあります。

 驚くべきは、『THE鬼タイジ』が第1弾の2020年12月から今回までの約1年4か月で6回というハイペースで放送されていること。さらに前回は、まさかの大みそかゴールデンタイム放送であり、TBSが看板番組にしようとしている様子が伝わってきます。一方のフジテレビは『逃走中』を18年弱に渡って制作してきたほか、昨年は『逃走中』を4回、『戦闘中』を2回、『モノノケハント』を3回放送することで、あらためて業界トップの制作力を見せました。

 TBSは新たな看板番組を定着させたい。フジテレビは先駆者として負けられない。そんな思いが見えながら、これまでは放送日が近づくことはありませんでしたが、実は昨年の大みそかに『THE鬼タイジ』、今年の元日に『逃走中』が連日放送されました。ただ、年をまたいでの連日放送であり、年末年始の特番ラッシュで両番組が比較されることはなく、わかりやすい直接対決となる今回は、ともに十分すぎるほどの意気込みが伝わってきます。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン