国際情報

ロシア、SNS遮断で悪循環か「伝統的なアナログ思考」の戦い方が裏目に

(共同通信社)

追い込まれたプーチン大統領(共同通信社)

 ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、SNS上ではさまざまな情報や意見が飛び交い、世界で「反プーチン」の声が大きくなっている。また、ウクライナのゼレンスキー大統領は、SNSを使ってさまざまな情報を発信。ウクライナの民間人もSNSで国外へのアピールを積極的に行っている。

 その一方で、ロシアはツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどの主要SNSへのアクセスを一斉に制限した。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが説明する。

「プーチン大統領からすれば、ウクライナの惨状やロシア批判は邪魔でしかない情報です。だからネットを遮断し、政権に批判的な発言をしたら懲役刑を含む処罰を科す法律をつくった。プーチン氏はSNSが政権の基盤を危うくすることを恐れているはずです」

 政治的な意図に基づく宣伝工作を「プロパガンダ」という。プーチン氏のプロパガンダが功を奏した面もあり、ロシアに住む高齢者の中には「真実」を知らない人もいる。

 ロイター通信が伝えるところでは、ウクライナ北東部に住む女性がロシアに住む母親に電話して、「ロシアがウクライナを攻撃した」と伝えたところ、母親はこう返した。

「違う、そんなことはない。あなたの軍が戦争を起こしている。私たち(の軍)じゃない」

 情報に対して偽のファクトチェック(検証)も行われ、ロシアでは正しい情報がわかりにくい状況になっている。

 一方でプーチン政権に歯向かうロシア人もいる。

 3月14日、ロシアの国営テレビのニュース生放送中に女性がスタジオに飛び入りし、「戦争反対 戦争をやめてください」と書かれたプラカードを掲げた。ロシアの国営テレビ局に反体制の運動が登場することは極めて珍しく、映像は世界各地で報道された。

 この女性はウクライナ人の父とロシア人の母を持つマリーナ・オフシャンニコワさん。のちに彼女は“行動”の理由についてこう語った。

「言葉にできないくらい怖かったが、ウクライナでの戦争は私にとって最後の一線でした。これ以上、黙っていることはできませんでした」

 ロシア政治が専門の国際政治学者で筑波大学教授の中村逸郎さんは、ロシアの「分断」を指摘する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン