国内

安倍元首相の“親ロシア外交” プーチン氏をエスカレートさせた一因か

過去の外交も影響?(時事通信フォト)

過去の外交も影響?(時事通信フォト)

 思い返せば、プーチン大統領の非人道的なウクライナ侵略は2014年のクリミア併合から始まった。だが、日本には、併合後もプーチン氏の甘言に騙され、たらし込まれた「協力者」たちがいる。その筆頭が安倍晋三・元首相だろう。

「無限の可能性を秘めた二国間関係を未来に向けて切り開くために、私は、ウラジーミル、あなたと一緒に、力の限り、日本とロシアの関係を前進させる覚悟です」

 安倍氏は2016年にウラジオストクで開催された東方経済フォーラムのスピーチで、プーチン氏をファーストネームで呼んでそう語りかけた。クリミア併合の2年後、欧米主導でロシアに経済制裁が科され、日本も加わっていたさなかのことだ。

 北方領土返還に意欲的だった安倍氏は、首相在任中、プーチン氏と27回の首脳会談を行なった。領土交渉では国の「四島返還」方針を「二島返還」へと事実上転換、「北方領土は日本固有の領土」という主張さえ封印して譲歩を重ねた。その年5月の日露首脳会談では8項目の経済協力を表明し、カネも出したが、結局、成果はなかった。まんまと騙されたのだ。

 そうしたクリミア併合を黙認するかのような安倍氏の姿勢が、プーチン氏を“西側の経済制裁など切り崩せる”と慢心させ、今回の軍事侵攻へと事態をエスカレートさせた一因となったと批判されても仕方がない。軍事・政治評論家の篠原常一郎氏が指摘する。

「安倍氏は日本よりロシアにうまみのある経済協力でプーチンに“おいしいとこ取り”されてしまうマイナスを作った。27回の首脳会談をあれだけアピールしながら、今回の軍事侵攻にあたって『首相特使としてプーチンを諫めに行くべきだ』と出番を期待する声があるのに、本人が背を向けたままなのは二重の意味で責任回避ではないか」

 その安倍政権の親露外交を現場で担ったのが、経産相兼ロシア経済分野協力担当大臣を務めた世耕弘成・現参院幹事長だ。

「世耕氏はロシアの軍事侵攻を『重大な国際法違反で絶対容認できない』と述べたが、サハリン沖の資源開発からの日本企業の撤退については後ろ向き。プーチン批判をしているのは経産相時代にロシアの資源開発に前のめりだった責任逃れにしか見えない」(篠原氏)

 当時外相だった岸田文雄・首相もクリミア併合後の2016年に訪露してプーチン氏、ラブロフ外相と会談、経済協力の詰めの交渉を担った。今国会では、外相時代から手がけたそのロシア経済協力予算を廃止すべきと要求されたが、岸田氏は「経済制裁を科す」と言いながらロシア協力予算は減額さえしないで成立させるという“二枚舌”を使っている。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン