芸能

小林麻耶「母は海老蔵に洗脳されました」ブログ投稿で母親とも絶縁か

ブログを更新し続けている小林麻耶

ブログを更新し続けている小林麻耶

 連日、市川海老蔵への批判をブログに投稿している小林麻耶。「1日に何度も真偽不明な内容を投稿するため、どのように対応すべきか分からない」(スポーツ紙芸能デスク)とメディア関係者は困惑気味だが、懸念されるのは家族との関係だ。

 3月24日付のブログで「父からは今やっていることを怒られました。縁も切られました」と父親との絶縁を告白したのに続いて、翌25日には「洗脳されました」というタイトルで母親について言及した。

 その内容は、「母からはこの騒動に関して一度も連絡はありません」と述べた上で、〈「麻耶は、あきらくん(編集部注:元夫の國光吟氏)に洗脳された」長年かけてついに母も…海老蔵に…そう思わせられてしまったんだと思います〉と海老蔵の影響で母から連絡が途絶えたと指摘するもの。

 続けて、〈今の母は…私や妹(亡くなった小林麻央さん)が知ってる母ではないのです〉〈海老蔵に母が何を言われ、どうなってしまったのか分かりません〉〈(海老蔵は)そばにいる人なんか、簡単に洗脳できます」と海老蔵への怒りをにじませた。ちなみに最近のブログでは、「海老蔵」と呼び捨てが続いている。

 この内容を見て、小林と家族との関係を心配するのは歌舞伎関係者だ。

「麻耶さんのご両親は、麻央さんが亡くなってからずっと孫の麗禾ちゃん(市川ぼたん)と勸玄くんを大切にケアしてきました。とくに麻耶さんのお母さんは、麻耶さんと海老蔵さん一家との距離が離れて以降も、孫たちの世話をしてきたそうです。

 そのお母さんが今回の騒動でもし麻耶さんに歩み寄ってしまえば、麻耶さんだけでなくご両親までが海老蔵さん一家と距離を置くことになってしまう。そうなれば麗禾ちゃんと勸玄くんは、慕っていた伯母が離れていったのに続き、祖父母にも会えなくなってしまうかもしれません。

 お母さんも苦渋の思いで麻耶さんへの連絡を思いとどまっていたはずですが、こうしてブログに書かれてしまった以上、お父さんと同様、麻耶さんとは関係を絶たざるを得なくなるかもしれません」

 騒動に一番苦しんでいるのは、海老蔵の2人の子供たちではないか。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン