芸能

百恵さん「初孫誕生」で長男と歓喜 一方の次男は俳優として心配の声、最近は「ゲーム実況」も

買い物に出かける百恵さん(写真は1月)

待望の初孫が誕生した百恵さん(写真は2022年1月)

 3月21日、三浦友和(70才)と百恵さん(63才)に待望の初孫が誕生した。長男である三浦祐太朗(37才)の妻で声優の牧野由依(36才)が、インスタグラムで第1子となる女児の出産を報告すると、続いて祐太朗がコロナ禍での過酷な出産だったことを明かし、大きな話題となった。

「祐太朗さんは自身のインスタグラムで、“コロナ禍で残念ながら立会い、面会は叶いませんでしたが、妻も娘も命懸けで頑張ってくれました。我が子の誕生にただただ感動しております”と喜びの言葉を綴りました。今はコロナの影響で、出産はお母さんが1人で挑むことが多いようです。祐太朗さんのコメントから、牧野さんが初産の不安と闘いながら、孤独の出産に挑んでいたことが伝わってきます」(芸能関係者)

 祐太朗は第1子の誕生とともに、シンガーソングライターとしても節目を迎えている。3月9日にはカバーアルバム『90’s Drip- J-POP COVER ALBUM -』を発売し、13日からソロデビュー10周年のツアー「AND YOU」がスタート。さらなる活躍が期待されている。

 長男に私生活や音楽家としての注目が集まる一方で、次男の俳優・三浦貴大(36才)は、ここのところ大人しい印象だ。

 貴大は2010年に『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。控えめながら丁寧な演技が評価され、次々とオファーが舞い込んだ。その後、モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞した『わが母の記』(2012年)や、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『永遠の0』(2013年)など立て続けに話題作に出演してきた。

「今年も、2019年に大ヒットした映画『キングダム』の続編『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022年夏公開)への出演が決定しています。多くの監督さんから評価される演技派俳優なのですが、主役を演じることが少なく、“当たり役”と呼べるものもありません。名バイプレイヤーといったほうがいいかもしれませんね」(映画制作関係者)

 デビューから12年なら上々の経歴と言えるのかもしれないが、今や所属事務所の看板俳優となった立場から考えると、物足りないという声も聞こえてくる。

「彼が所属する芸能事務所は、もともと浅野忠信さんが稼ぎ頭でした。しかし、昨年10月末に浅野さんが独立して業務提携に。それ以前にも、加瀬亮さんや菊地凛子さん、新井浩文さんらがいて、名俳優を抱えるやり手事務所と言われていたのですが、色んな理由で皆さんいなくなってしまい、現在は貴大さんが名実ともに事務所のトップとなりました。彼はいま、“看板俳優”として責任を背負う立場にありますね」(前出・映画制作関係者)

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン