芸能

林家木久扇×毒蝮三太夫対談「今日は“談志被害者の集い”でもある」

林家木久扇と旧知の毒蝮三太夫が対談

林家木久扇と旧知の毒蝮三太夫が対談

“おバカキャラ”で『笑点』の大喜利コーナーを沸かせる落語家・林家木久扇(84)。「バカになるほど愛される」という人生の本質を見つけた木久扇が、その生き方をまとめたエッセイ『バカのすすめ』(ダイヤモンド社)を3月に上梓した。それを記念し、木久扇の「バカの魅力」を知る旧知の俳優でタレントの毒蝮三太夫(85)との対談が実現。偉大なるバカの先達から人生が楽になる秘訣まで、存分に語り合った。【全3回の第1回】

 * * *
木久扇:ご無沙汰してます。お元気そうで。

毒蝮:お互いに、生きてるうちにまた会えてよかったよ。去年の5月に足を折ったって聞いたけど。

木久扇:だいぶよくなりましたけど、『笑点』の大喜利や高座は、まだ椅子でやらせてもらってます。正座も、15分ぐらいはできるんですけどね。

毒蝮:無理しなくていいよ。『笑点』も見たけど、座布団が7~8枚積んであるから、椅子に座ってるのが目立たないね。

木久扇:うまく隠れてるんです。だから、座布団を減らすわけにいかない。高座も椅子で出てますが、お客さんはあたたかく許してくれるんです。「大腿骨を折ったんですよ。“だいたい”このへんなんですけどね」なんて言うとウケるし。

毒蝮:それでいいんだよ。とくに高齢者になると、つい強がって元気なフリをしたくなるけど、見てる人に痛々しさを感じさせたら何にもならない。弱みもそのまま見せたほうが、見るほうだって楽な気持ちで見られる。木久ちゃんは、椅子に座る姿で高齢者のあり方を教えてくれてるね。

木久扇:そんなたいそうなことは考えてないんですが。ただ、噺家の中には「正座ができないなら高座には上がらない」とおっしゃる方もいるでしょうね。“弱み”を抵抗なく見せられるのは、長年ずっと「おバカキャラ」をやってきたぼくの強みかもしれません。

毒蝮:今日は「談志被害者の集い」でもある。俺たちはふたりとも、立川談志のせいで人生を大きく変えられた。

木久扇:まったくですね。とんでもない方でしたよ。どれだけ感謝しても感謝しきれません。

毒蝮:俺は「石井伊吉」という本名で役者をやってて、『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』に出てたのに、あいつに言われて『笑点』で座布団を運ぶことになった。「毒蝮三太夫」なんて名前を名乗ることになったのも、そのせいだ。

木久扇:ぼくも前座の頃から談志さんにかわいがってもらいました。『笑点』に引っ張ってくださったのも談志さん。大喜利メンバーになったのは、談志さんが選挙に出るからと司会を降りた次の週からでした。その時、「木久蔵は与太郎でやってみな」とアドバイスされたんです。

毒蝮:「与太郎」と言えば、落語の世界ではバカの代名詞だ。

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト