芸能

性加害報道の園子温監督 事務所は被害内容に触れず「お詫びページ」掲載していた

性加害が報じられている園子温監督

性加害が報じられている園子温監督

『愛のむきだし』や『冷たい熱帯魚』、『地獄でなぜ悪い』などの作品を世に送り出し、海外でも高く評価されてきた園子温監督(60)による“性加害”疑惑が報じられた。『週刊女性』の報道によると、園監督は「仕事をあげる」というのを誘い文句にして女優たちに関係を迫ったという。園監督は同誌の電話取材に「ありえないですね」などと回答し、報道内容についての詳細なコメントはしていないものの、日本の映画界では映画監督の榊英雄氏、俳優の木下ほうかによる若手女優への性行為の強要が報じられたばかりだけに、注目が集まっている。

 一方で、園監督の映像製作会社「シオンプロダクション」は4月1日、何の件についてかは触れていないものの《平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。関係者各位の皆様にご迷惑とご心配をおかけしてしまい、心よりお詫び申し上げます。事実関係を整理して、改めて発表いたします》と、コメントを発表している。

 園監督は破天荒なキャラクターで有名だった。2013年には『アウト×デラックス』(フジテレビ系)にゲスト出演。同番組では、「童貞を捨てたくて17歳で家出した」というエピソードを披露していたが、「オンエアできない」と判断されてカットされた部分も多かったらしい。2013年10月の『週刊プレイボーイ』のインタビューでは、園監督自身がその内容についてこう明かしている。

〈小学校3年生のときに“キミは将来、ジャンキーになりそうな資質を持っているから”とじいちゃんが言い出し、英才教育とでもいえばいいのかな。いわゆるドラッグの経験をさせられたんです〉

 同インタビューの中で園監督は〈いろいろありましたよ、そのときどきで。経験していないのは殺人と本気のレイプだけ〉とも告白している。雑誌の取材に対し実際以上に露悪的なリップサービスをした可能性はあるが、そうした発言も、また彼の印象を形作っていたと言える。

 映画監督としては、スパルタで知られていた。『紀子の食卓』(2006年)で園監督に才能を見出された女優・吉高由里子(33)が、過酷な現場について『文藝春秋』(2014年8月)のなかでこう語っている。

〈何度も何度も「死ね!」とか「止めちまえ!」とか罵倒されて。(中略)二十テイク、三十テイクは当たり前で、風呂なんか入らないで現場に出ろ、と言われたこともあった。それほど追い込まれてもうまく演技ができないことが余計に悔しくて、一人で涙を流したこともありました〉

 吉高はこの作品でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。園作品の出演を機に芸能界で花開いたことは間違いない。数々の話題作を世に送り出し、才能ある女優たちを見出してきたことはこれまで評価されてきただけに、映画業界の関係者は今回の報道にショックを隠せない。

「名作を多数生み出してきたことは事実ですし、今でも園監督の作品に出たがる役者も大勢います。なので業界内では『監督は良い映画を作りたい一心なんだ。昔気質の監督だから仕方ない』と見られていたところもあります。しかし、今回の報道が事実なら……」(映画業界関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト