芸能

園子温監督は今後の活動は困難か 「性スキャンダル」の影響と復帰が難しい現実

『ラブ&ピース』(2015)ジャパンプレミアに登壇する園子温監督 

性加害報道のあった園子温監督(写真は『ラブ&ピース』ジャパンプレミア登壇時)

 芸能界の性被害の実態が次々と明らかになっている。3月上旬、『週刊文春』で映画監督で俳優の榊英雄(51才)が、複数の女優から「性行為を強要された」と告発されると、3月下旬には再び同誌で俳優の木下ほうか(58才)が、複数の女優に性的な行為を無理やり行っていたと報じられた。さらに4日には、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などの作品で知られる園子温監督(60才)から性被害を受けたという女優の告発が『週刊女性』で報じられた。

 報道を受け、4月に公開予定だった榊の作品は公開中止に。木下は報道を概ね事実だと認め、無期限活動休止を発表。

 園の映像製作会社「シオンプロダクション」は4月1日、何の件についてかは触れていないものの《関係者各位の皆様にご迷惑とご心配をおかけしてしまい、心よりお詫び申し上げます。事実関係を整理して、改めて発表いたします》と、コメントを発表している。多方面の関係者からセクハラは事実だという旨の証言が相次いでおり、説明が求められる状況にある。芸能事務所関係者は、3人とも今後の活動は難しくなると語る。

「性被害の実態がここまで報じられたことで、映画界には『そんな状況を放置してきた業界にも責任がある』との強い批判が寄せられています。これをウヤムヤにすれば、映画業界が取り返しのつかないことになる。告発された人物は事実上の“追放”になる可能性も高いです。

 万が一、榊や園が再びメガホンを取ることがあったとしても、事務所が女優を出すのをOKするでしょうか。彼らの作品に出れば、『枕営業で役をもらった』などと言われかねませんし、作品とは関係のない質問をメディアからぶつけられる可能性もある。何かと色眼鏡で見られることになり、イメージ的に損をするからです」(芸能事務所関係者)

 芸能界には前述の3人以外にも、性スキャンダルを起こしたタレントは少なくない。不倫騒動から事件になったケースまで、さまざまだが、アンジャッシュ渡部建(49才)、極楽とんぼ山本圭壱(54才)、高畑裕太(28才)、小出恵介(38才)らは、長期の活動休止を経て復帰したもののいずれも騒動前よりも大幅に露出を減らしている。

シオンプロダクションのホームページには「お詫び文」が

シオンプロダクションのホームページには「お詫び文」が

関連キーワード

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン