芸能

ラッパーの顔を持つ落語家・林家つる子「笑いの感覚は普遍」に感じるロマン

端正な顔立ちなのに、落語に入るとびっくりするぐらい三枚目になれる“落語の国の人”とたい平は語る

注目の落語家・林家つる子。「端正な顔立ちなのに、落語に入るとびっくりするぐらい三枚目になれる“落語の国の人”」と林家たい平は語る

 現在、女流落語家たちが大活躍中。そんな彼女たちのおすすめの落語はどんなものなのか──。コミカルな動きや表情でファンも多いのが、林家つる子だ。落語の魅力を、「江戸、明治、大正期に作られた噺がいまでも笑えるところ。笑いの感覚は普遍だという点にロマンを感じます」と語る。

 そんな彼女が入門編として選んだのは、心がほっこりする人情噺。昔もいまも、人の感情は変わらないと実感させられるものばかりだ。

「子別れ(別名・子は鎹)」は、大学生のときに聴いて衝撃を受けた。

「別れた夫婦が、子供をきっかけに元の鞘に収まる噺。夫婦間や子供への思いなど、共感できる部分がたくさんあるはずです」(つる子・以下同)

 特に、子供のけなげさにぐっとくるという。

「本当は3人一緒に暮らしたいけれど、ダメ亭主に苦労させられた母親を気遣って、その気持ちを隠している子供が、更生した父親に偶然会ってお小遣いをもらうのですが、『おっ母さんには内緒』と約束したため、母親にお金の出どころを問い詰められても、かたくなに父との約束を守るんです」

 当時は、自分の両親を重ねながら聴いたという。

「親って、子供のことを話すとき、すごくうれしそうですよね。『子は鎹』って本当にそうだなあと、親を思いながらしみじみと聴きました」

 同じく酒飲みの亭主が出てくる「替り目」は陽気な噺。

「憎みきれないダメ亭主が、留守のはずの妻のことを『本当はよう、感謝してるんだよ、あいつには』と独白する様子を、まだ家にいた妻がニヤニヤしながら聴くシーンがかわいらしい。『こういう男いるよね〜』と笑えます」

 3つめの「紺屋高尾/幾代餅」は、「職人と人気絶頂の花魁という、結ばれるはずのない2人の純愛物語で、まさに、江戸時代版“究極の推し活”です!」。

 次に、物語の肝となる用語や時代背景を押さえれば、通向けの演目も楽しめるという例として、「三枚起請」という郭話を教えてくれた。

 起請とは、いわゆる結婚契約書のようなもの。心に決めた「まぶ(情夫)」にしか出さないものだが、なんと3人の男が同じ花魁の起請を持っていた。怒った男たちは花魁に詰め寄る。起請を破ると、熊野権現の霊験あらたかなカラスが3羽死に、地獄に落ちるとされていた。

「そのオチが、花魁による『三千世界のカラスを殺し、ぬしと朝寝がしてみたい』という当時の都々逸です。花魁は朝に寝る商売なので、朝うるさく鳴くカラスが憎い。男たちの『起請を破るとカラスが死ぬぞ』という脅しに対し、『もっと書いて殺したいぐらいだ、ゆっくり朝寝がしたいんだから』という開き直りが痛快。起請と都々逸がわかっていると、生き生きとした落語の世界が広がります」

 落語を演じるなか、女性の登場人物の存在が気になるようになっていったという。

「先ほど挙げた『子別れ』をはじめ、ほとんどの落語は男性側の目線で描かれています。じゃあ、女性の気持ちはどうなのか。女性の側にだって葛藤や迷いがあるはずだと思っていました。

 そこで、これまで描かれなかった女性目線の落語をやってみようと思い、二ツ目になってから、おかみさんを主人公にした『子別れ』と、有名な『芝浜』を披露しました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン