芸能

佐藤隆太・岡田義徳・塚本高史『THE3名様』 映画Pが明かす「12年ぶり復活」の裏側

ファミレスで話す3人は何も変わっていない?(提供写真)

ファミレスで話す3人は何も変わっていない?(提供写真)

 佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史が主演を務める伝説的シリーズ『THE3名様』が約12年ぶりに復活。初の劇場版『THE3名様 〜リモートだけじゃ無理じゃね?〜』が4月8日より公開中だ。プロデュース・監督を担当した森谷雄氏に話を聞いた。

『THE3名様』は、石原まこちんによる同名漫画を原作に、2000年代にオリジナルDVDとして展開された。ジャンボ(佐藤隆太)、まっつん(岡田義徳)、ミッキー(塚本高史)の3人組がファミレスでだべる姿を描いた会話劇だ。これといったストーリーはないものの、ゆるいやり取りが人気を集め、累計33万本を売り上げるヒットを記録した。なぜ令和の時代に『THE3名様』が復活するに至ったのか?

12年経っても“3名様”は相変わらず

──『THE3名様』は、2000年代にオリジナルDVDとして展開され、累計33万本を売り上げた大ヒットシリーズです。続編を希望する声はたくさんあったと思いますが、なぜ今のタイミングで実現したのでしょうか?

「復活しないんですか?」という声はたくさん頂いていましたが、単純にみんな忙しくなっちゃったんですよね。タイミングを見計らっているうちに結局12年経ってしまいました。今回もキャスト3人のスケジュール調整が大変で、撮影に入ったのは「続編をやろう」と決まってから結局1年後でした。脚本・監督を担当していた福田雄一さんはどうしてもスケジュールが厳しいということで、これまでプロデューサーの立場だった僕が急きょ監督を務めることになりました。

──どのように「続編をやろう」ということが決まったのでしょうか?

 2020年夏に佐藤隆太くんから「復活できないか」と相談を受けました。それで10月27日、塚本くんの誕生日に“作戦会議”を開いたんです。

──作戦会議では、どんなことを話し合ったんですか?

 やっぱり12年という歳月を経たわけですからね。復活させるにしてもメンバーは続投するのか、全く新しい演出家を立てるのか……。いろんなことを話し合いました。ニートだったジャンボ、まっつん、ミッキーは12年間で一体どのように変化したのか? 僕はそこが気になったんですが、キャスト3人と原作者の石原まこちん先生に疑問をぶつけてみると、全員が「いや。彼らは変わっていませんよ」と答えました。「変化を描くと、逆におもしろくなくなるんじゃないか」って。だからアラフォーになっても3人は相変わらずです。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト