芸能

佐藤隆太・岡田義徳・塚本高史『THE3名様』 映画Pが明かす「12年ぶり復活」の裏側

ファミレスで話す3人は何も変わっていない?(提供写真)

ファミレスで話す3人は何も変わっていない?(提供写真)

 佐藤隆太、岡田義徳、塚本高史が主演を務める伝説的シリーズ『THE3名様』が約12年ぶりに復活。初の劇場版『THE3名様 〜リモートだけじゃ無理じゃね?〜』が4月8日より公開中だ。プロデュース・監督を担当した森谷雄氏に話を聞いた。

『THE3名様』は、石原まこちんによる同名漫画を原作に、2000年代にオリジナルDVDとして展開された。ジャンボ(佐藤隆太)、まっつん(岡田義徳)、ミッキー(塚本高史)の3人組がファミレスでだべる姿を描いた会話劇だ。これといったストーリーはないものの、ゆるいやり取りが人気を集め、累計33万本を売り上げるヒットを記録した。なぜ令和の時代に『THE3名様』が復活するに至ったのか?

12年経っても“3名様”は相変わらず

──『THE3名様』は、2000年代にオリジナルDVDとして展開され、累計33万本を売り上げた大ヒットシリーズです。続編を希望する声はたくさんあったと思いますが、なぜ今のタイミングで実現したのでしょうか?

「復活しないんですか?」という声はたくさん頂いていましたが、単純にみんな忙しくなっちゃったんですよね。タイミングを見計らっているうちに結局12年経ってしまいました。今回もキャスト3人のスケジュール調整が大変で、撮影に入ったのは「続編をやろう」と決まってから結局1年後でした。脚本・監督を担当していた福田雄一さんはどうしてもスケジュールが厳しいということで、これまでプロデューサーの立場だった僕が急きょ監督を務めることになりました。

──どのように「続編をやろう」ということが決まったのでしょうか?

 2020年夏に佐藤隆太くんから「復活できないか」と相談を受けました。それで10月27日、塚本くんの誕生日に“作戦会議”を開いたんです。

──作戦会議では、どんなことを話し合ったんですか?

 やっぱり12年という歳月を経たわけですからね。復活させるにしてもメンバーは続投するのか、全く新しい演出家を立てるのか……。いろんなことを話し合いました。ニートだったジャンボ、まっつん、ミッキーは12年間で一体どのように変化したのか? 僕はそこが気になったんですが、キャスト3人と原作者の石原まこちん先生に疑問をぶつけてみると、全員が「いや。彼らは変わっていませんよ」と答えました。「変化を描くと、逆におもしろくなくなるんじゃないか」って。だからアラフォーになっても3人は相変わらずです。

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン