芸能

香取慎吾が総額20億円の巨大物件購入 草なぎ剛、稲垣吾郎とご近所さんに

芸能界の新・不動産王!?(写真は2021年7月)

芸能界の新・不動産王!?(写真は2021年7月)

 2017年のジャニーズ事務所からの退所・独立から5年目の今年、「新しい地図」の3人に転機が訪れている。なかでも大きな動きを見せているのが最年少の香取慎吾(45才)だ。多忙を見越した彼が45才の誕生日にした大きな決断とは──。

 足を踏み入れるだけで、隣接する繁華街の喧騒を忘れさせる都内有数の高級住宅地。その一区画にある、ひときわ広大な更地に、3月上旬、黒いシートがかぶせられた。これから工事が始まるようだ。通りかかった近隣住民が話す。

「この場所には長いことマンションが建っていましたよ。低層で数部屋のみの、いわゆる高級マンションで、1年くらい前に取り壊されてね。次に建つのが一戸建てだと知ったときは驚いたけど、オーナーがあのかただと聞いて納得しました。あれくらいの人気者でないとここには建てられないわよね。それにしてもどんな家が建つか楽しみね」

 近隣住民が名前を聞いて、胸を躍らせる人気者。広大な土地に家を建てるのは一体何者なのか──。

《レギュラー番組か、久しぶりだね Eテレだって、NHK。最近テレビみてる? 久々に観てみない?今日からだって》

 4月9日、香取がツイートを投稿した。この日、香取と稲垣吾郎(48才)、草なぎ剛(47才)によるバラエティー番組『ワルイコあつまれ』(NHK Eテレ)が、レギュラー番組として新たにスタートしたのだ。

「稲垣さん、草なぎさん、香取さんの3人は、2016年のSMAP解散後、ジャニーズ事務所を退所し、『新しい地図』として活動を始めましたが、2019年末まで地上波への出演はほとんどありませんでした。各々が少しずつ活動の場を広げ、今回、地上波で3人そろって初となるレギュラー番組を獲得したんです」(テレビ局関係者)

 ジャニーズ事務所を退所後、それぞれ新たな活動に取り組んできた3人。なかでも最近、音楽活動に力を入れているのが香取だ。4月13日にはセカンドアルバム『東京SNG』をリリース。さらに、4月16日からは、昨年に続く2回目となるソロでの特別公演を東京・明治座で開催する。

「昨年の公演には、稲垣さんと草なぎさんが駆け付けました。草なぎさんは香取さんと一緒にギターを弾いて歌も披露。初めてのソロ公演に、かなり緊張していた香取さんにとって、2人の励ましはとても心強かったそうで、この3人だからこそ、どんなときも支え合えるという思いをあらためて強くしたそうです」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン