芸能

香取慎吾が総額20億円の巨大物件購入 草なぎ剛、稲垣吾郎とご近所さんに

香取慎吾

GUCCI愛あふれる姿の香取慎吾。最近は2才上の女性と結婚

 香取には最近、プライベートで大きな変化が相次いでいる。昨年末には、2才年上の一般女性との結婚を発表した。お相手は、四半世紀にわたり交際を続け、ファンの間でも“内縁の妻”として噂されていた女性だ。そしてもう1つ、香取はライフイベントにまつわる大きな決断をしていた。

「実は今年の初め、45才になる直前に土地を購入したんですよ。結婚もしたことですし、将来を見据えて決断したのでしょう」(香取の知人)

 現在、香取が住んでいるのは、都内屈指のファッショナブルな街にある超高級マンションだ。2016年、SMAP解散前に購入した新築物件で、不動産会社関係者によれば、「150平方メートルで、価格は4億円以上」だという。これだけでも、香取のセレブぶりがうかがえるが、彼が所有しているのは、この物件だけではない。

「ほかにも、都内の一等地のマンションを数部屋所有しているそうです。いずれも立地や広さ、設備面など超一流のマンションで、大きく値崩れすることが考えにくい物件ばかり。数年おきに買い足しているようなので、投資用なのかもしれませんね」(前出・香取の知人)

土地だけで12億円

 今年、香取が購入したのは、これまでの物件とは毛色が違うようだ。

「今回は投資用のマンションではないようです。購入した土地には、香取さんが指名した建築家と戸建てを建てて、彼自身が住む予定だそうですよ」(前出・香取の知人)

 といっても、長年国民的アイドルとして芸能界に君臨してきただけあって、スケールが違う。都内屈指のセレブエリアにあるその土地は、なんと150坪以上。

「このあたりは、日本一の高級住宅街ともいえるエリアですからね。現在、地価が上がっているから、土地だけで12億円から13億円はするでしょう。香取さんなら著名な建築家に依頼し、建物の細部にもこだわるでしょうし、トータルで20億円近くになるかもしれません」(前出・不動産会社関係者)

 近隣住民の間では、香取がこの土地を買ったという噂が早くも広まっているそうだが、彼らが驚いているのは、その広さだけではないようだ。

「実は、近くに草なぎさんのご自宅があるんです。彼のところも200坪ほどある大きな敷地で、もともとある財団法人が所有していた土地でした。香取さんの家からは、いわゆるスープの冷めない距離といいますか、徒歩数分圏内といえます。こんなに近くに住むなんて、2人は本当に仲がいいんですね」(前出・近隣住民)

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン