国内

小室圭さん、「万が一」でも消えないチャレンジ精神 過去にはアナウンサー目指す

渡米後、ニューヨークをメガネにスーツ姿で歩く小室さん

渡米後、ニューヨークをメガネにスーツ姿で歩いた小室さん

 いよいよ小室圭さん(30才)の合否発表が間近に迫った。2月22~23日に受験した、2度目の米ニューヨーク州の司法試験の合否が、日本時間の4月15日未明(4月14日深夜)に明らかになる。ある宮内庁関係者は「近年、発表は最も早くても4月21日でした。米国の大手弁護士育成予備校『JD ADVISING』は、4月26日の発表を予想していましたから、かなり早い発表となるようです」と話す。

 ある皇室ジャーナリストは「当初は、昨年7月の受験での合格を想定して、10月に結婚されました。入籍直後に不合格が判明して、慌てて秋篠宮さまらに報告して、その後の新婚生活のために渡米も許された経緯があります。何度も挑戦できる試験とはいえ、メンツのためにも、生活費のためにも、何としてもここで合格を勝ち取っていただきたい」と語る。

 毎年、7月の試験よりも2月の試験のほうが合格率が低いこともあり、万が一不合格だった場合は、現在所属するニューヨークの法律事務所を辞める可能性も取り沙汰されていた。そんな中、古くから小室さんを知るある人物は「彼は見た目とは違ってタフというか、へこたれないタイプ。最悪、弁護士になれなくても、別の道でしっかり生きていけますよ」と、周囲の不安を笑い飛ばした。

 確かに、小室さんはこれまでも様々な経歴を歩んできた。国際基督教大学(ICU)在学中は、2010年に「湘南江の島海の王子」コンテストに応募して「海の王子」に選ばれた。当時は、外交に関わる仕事がしたいと公言していた。翌2011年には、テレビ朝日のアナウンススクール『アスク』にも通い、卒業後は、一転して三菱東京UFJ銀行(当時)に入社。

「最初の配属から丸の内支店の法人営業部と出世街道でした。エリートバンカーの道もありえたわけです」(前出・小室さん知る人物)

 しかし、2年で退行。ロースクールに通い、都内の法律事務所でパラリーガル(法務助手)となり、そこから海外留学。ニューヨーク州の法律事務所に就職と、経歴を積み上げてきた。

「あらためて振り返ると、年齢の割に幅広い経歴を歩んできているように見えます。人並み以上のチャレンジ精神があってこそ。もちろん弁護士になれるのが現状のベストでしょうが、万が一不合格でも彼の心は折れず、次なるジャンルに挑んでいくことでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 思えば、アナウンススクールへ提出した履歴書には、自己PR欄にこう記していた。

「国際社会に対する理解が人一倍ずば抜けていて、その理由は自身の生活環境にある。僕は高校までをインターナショナルスクールで過ごし、グローバル教育で評価の高い国際基督教大学に進学した。異なる文化に対し全くバイアスを持たず、適切にメッセージを発信できるのは僕にとってはごく自然なことであるものの、確かな一つの『スキル』であると自負している。無論、英語力は話すまでもない」

 ここまでの自信と積極的な行動力が、眞子さんとの結婚やニューヨークでの弁護士事務所勤務を勝ち取ってきた原動力であることは、間違いない。

「眞子さんは、“弁護士・小室圭”への期待ではなく、彼の人間力、世間の批判もものともしなかったたくましさに、信頼を寄せているのだと思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

 万が一、司法試験に受からず、その道を諦めたとしても、彼ならきっと新たな道を見つけられるはずだ。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン