国際情報

ロシアに強制連行されたウクライナ住民を待つ「極東で強制労働」の過酷な未来

(時事通信フォト)

ロシア軍の非道な行いが続々と発覚している(写真/アフロ)(時事通信フォト)

 避難民の銃殺やレイプなど、ロシア軍によるウクライナ侵攻における非道な行いが続々と発覚するなか、新たに指摘されたのが「子供の強制連れ去り」だ。4月8日、ウクライナ最高会議の人権担当者であるデニソワ氏は、フェイスブックに以下のような投稿をした

「ロシアのウクライナへの侵攻以降、12万人以上の子供たちがロシア軍によって強制的に連れ去られた」

 マリウポリ市議会は3月19日、ロシア側の行為についてSNSを通じ、以下の声明を発表した。

「第二次世界大戦中のナチスによる強制連行のような蛮行が21世紀に起きている。市民がよその国へ連れ去られるとは、想像を絶する事態だ」

 一方、ロシア国防省は、ウクライナ側から65万8000人以上が「避難した」と発表した。うち12万人以上が子供だと認めた上で、「ウクライナ国民を救うための包括的支援の措置の一環」であると主張した。

 ウクライナ住民は、いったん乗ると自分の意思では降りることができない「封印列車」で運ばれているようだが、いったいどこに連れていかれるのか。

「12万人の子供たちは、家族とともにロシアの極東であるシベリアやサハリン(樺太)に送られる可能性が高い」

 そう語るのは、プーチン大統領研究の第一人者である筑波大学教授の中村逸郎さんだ。

「サハリンはソ連邦崩壊後に人口が急速に減少し、半分ほどになりました。現地では都市部に移住したロシア人に代わって中国人が大量に移住して、地域によっては中国人が人口の20%を占めるようになりました。その土地にロシア語を理解して文化が近いウクライナ人を移住させ、極東の“中国植民地化”を食い止めるのがロシアの狙いと思われます。

 ロシアはウクライナ住民を家族ごと移住させて、農作業や森林伐採の労働をやらせるつもりでしょう。コロナ禍もあって投資が集まらないなか、労働力不足を補うためにウクライナ住民を酷使するはずです」(中村さん)

 ロシア(旧ソ連)は敵国の住民を何度も自国に強制的に連れ去った歴史を持つ。その中に、日本も含まれることを忘れてはならない。

「第二次世界大戦前、旧ソ連は西の国境付近にいたドイツ人やオランダ人をシベリアに強制移送し、スターリン時代は朝鮮系の人たちを中央アジア付近に強制移住させました。さらに第二次世界大戦で日本が敗戦した際、満州に残っていた60万人近い日本人がシベリア送りになり、極寒の地で身も心も凍るほど過酷な強制労働を課せられました。日本政府の調べでは、抑留者のうち約5万5000人が死亡しています。

 今回のロシアの65万人連れ去りは、かつてのシベリア抑留を彷彿とさせる残虐な行為であり、日本にとっても他人事ではない大問題です」(中村さん)

 ウクライナ住民の連れ去りはシベリア抑留以上の悲惨な結末が待つかもしれない。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン