芸能

仲間由紀恵、強まる故郷への愛 沖縄で暮らす両親や祖父母との“約束”

(時事通信フォト)

沖縄ロケで仲間が強行軍で向かった場所は(時事通信フォト)

 青い海に真っ白なビーチ、広い空、どこまでも広がるサトウキビ畑。美しい景色の宝庫である「美ら島」で育った仲間由紀恵は現在、尊敬する「沖縄の母」を初めて演じている。そのロケ先で彼女がとった行動とは──。

「ひ孫が2才のとき、会いに来てくれたね。旦那さんも一緒に4人でね。旦那さんはいい男だよぉ」

 そう笑顔を見せるのは、沖縄・伊良部島に住む仲間由紀恵(42才)のおばあだ。東京・羽田空港から沖縄・宮古空港までおよそ3時間。そこから3kmを超える長大な伊良部大橋を渡ると伊良部島に到着する。人口約5000人の小さな島はかつお漁が盛んだ。その島に住む父方のおばあのもとを幼い双子を連れた仲間が訪れたのは、約2年前だったという。

「その前年の6月にも、由紀恵ちゃんは伊良部島を訪れたそうで、おじいとおばあはとても喜んでいました。由紀恵ちゃんは小さな頃からこの島が大好きで、おじい、おばあの家を訪れて走り回っていましたからね。わが子を連れてくることができてうれしかったでしょうね」(近隣住民)

 4月11日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の母親・優子を演じる仲間。忙しいロケの合間を縫って、強行軍で駆けつけたのは、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家だった。

「その時期はドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の撮影とも重なって大変そうでしたが、忙しいスケジュールの合間を縫って実家に帰ったそうです。子供たちは東京に置いてきたので、ひとりでの帰省でした。

 今回のドラマで仲間さんは4人きょうだいの母親役を演じていますが、実際に仲間さんは5人きょうだいの末っ子として育ちました。役を演じ、幼い頃の自分やきょうだいを思い出して親への感謝の気持ちが強くなったから、少しでも顔が見たくなったのでしょう。お父さんは仕事の関係で不在が続いていたようで、ほとんどお母さんひとりの力で5人の子供を育てたそうです。仲間さんはそんな母親を尊敬しています」(NHK関係者)

 15才で生まれ故郷を離れた仲間は31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』(NHK)に主演したことをきっかけに、改めて沖縄愛が強くなったようだ。

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン