芸能

仲間由紀恵、強まる故郷への愛 沖縄で暮らす両親や祖父母との“約束”

(時事通信フォト)

沖縄ロケで仲間が強行軍で向かった場所は(時事通信フォト)

 青い海に真っ白なビーチ、広い空、どこまでも広がるサトウキビ畑。美しい景色の宝庫である「美ら島」で育った仲間由紀恵は現在、尊敬する「沖縄の母」を初めて演じている。そのロケ先で彼女がとった行動とは──。

「ひ孫が2才のとき、会いに来てくれたね。旦那さんも一緒に4人でね。旦那さんはいい男だよぉ」

 そう笑顔を見せるのは、沖縄・伊良部島に住む仲間由紀恵(42才)のおばあだ。東京・羽田空港から沖縄・宮古空港までおよそ3時間。そこから3kmを超える長大な伊良部大橋を渡ると伊良部島に到着する。人口約5000人の小さな島はかつお漁が盛んだ。その島に住む父方のおばあのもとを幼い双子を連れた仲間が訪れたのは、約2年前だったという。

「その前年の6月にも、由紀恵ちゃんは伊良部島を訪れたそうで、おじいとおばあはとても喜んでいました。由紀恵ちゃんは小さな頃からこの島が大好きで、おじい、おばあの家を訪れて走り回っていましたからね。わが子を連れてくることができてうれしかったでしょうね」(近隣住民)

 4月11日にスタートしたNHKの連続テレビ小説『ちむどんどん』で、ヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)の母親・優子を演じる仲間。忙しいロケの合間を縫って、強行軍で駆けつけたのは、撮影場所から車で2時間近くかかる沖縄の実家だった。

「その時期はドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の撮影とも重なって大変そうでしたが、忙しいスケジュールの合間を縫って実家に帰ったそうです。子供たちは東京に置いてきたので、ひとりでの帰省でした。

 今回のドラマで仲間さんは4人きょうだいの母親役を演じていますが、実際に仲間さんは5人きょうだいの末っ子として育ちました。役を演じ、幼い頃の自分やきょうだいを思い出して親への感謝の気持ちが強くなったから、少しでも顔が見たくなったのでしょう。お父さんは仕事の関係で不在が続いていたようで、ほとんどお母さんひとりの力で5人の子供を育てたそうです。仲間さんはそんな母親を尊敬しています」(NHK関係者)

 15才で生まれ故郷を離れた仲間は31才のとき、沖縄の歴史を描いたドラマ『テンペスト』(NHK)に主演したことをきっかけに、改めて沖縄愛が強くなったようだ。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト