芸能

仲間由紀恵、強まる故郷への愛 沖縄で暮らす両親や祖父母との“約束”

写真は『ちむどんどん』のツイッターより

初回平均視聴率は16.7%と好発進(写真は『ちむどんどん』のツイッターより)

「その時期から、沖縄の海やサンゴ礁の保全活動のPRをしたりと、環境問題にも取り組んできました。時間を見つけては沖縄に帰り、家族と触れ合うことも増えたそうです。2019年10月に沖縄の首里城が焼失した際は、再建のために多額の寄付をしたといわれています。仲間さんにとって沖縄は故郷というだけでなく、彼女自身のアイデンティティーといえるのかもしれません」(芸能関係者)

 とりわけ思いを寄せるのが、おじいとおばあだという。冒頭のように、仲間は祖父母のもとを家族とともに訪れている。

「沖縄にいる仲間さんの祖父母の世代は、みんなつらい戦争を経験しています。戦後も過酷な経験をしながら、両親を育ててくれた祖父母を仲間さんは尊敬し、大事にしています。“おばあ、台風だけど大丈夫?”“おじい、体調大丈夫?”とよく電話もしていました。

 8年前の朝ドラ『花子とアン』に出演していた頃も、仲間さんは忙しい合間を縫って、体調が悪くなった母方のおじいさんのもとに帰省したほど。

 ただ、そのおじいさんは仲間さんが出産する前に亡くなり、ひ孫の顔を見せられなかった。そういう心残りもあって、父方の祖父母にはどうしても子供を会わせたいとの思いが強かったそうです。それは自分のなかで“約束”にも近いものだったのでしょうね。だから出産後すぐに双子を連れて、伊良部島を訪れたのでしょう」(前出・仲間の知人)

 今回の朝ドラについて、仲間は『ESSE』5月号のインタビューでこう語っている。

《沖縄の復帰50年という節目に放送される作品ですし、沖縄は私のふるさと。お話をいただいたときは、とてもご縁を感じてうれしかったですね。(中略)兄妹役の子どもたちが本当にかわいくて、現場では学校のような、家庭のような、和気あいあいとした空気が流れていて…。とても幸せな時間を過ごしています》

 タイトルの「ちむどんどん」とは「胸がドキドキ」という意味の沖縄の方言。仲間にとって「胸がドキドキ」する日々が続きそうだ。

※女性セブン2022年4月28日号

ヒロインを演じる黒島

ヒロインを演じる黒島

原作マンガを読みこんでいるという仲間

仲間はヒロインの母親を演じる

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン