国内

「あと5点」不合格の小室圭さんに浪人経験者から同情集まる 「責めないであげて」の声

小室圭氏と眞子内親王は会見で何を語るのか

試験不合格であることがわかった小室圭さん

 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫・小室圭さん(30)が受験していた2度目のニューヨーク州司法試験の合格者リストが発表され、「Kei Komuro」の名前がなく、不合格だったことに心配の声が広がっている。2度目の不合格で、小室夫妻の今後のニューヨーク生活にも影響が出る可能性がある。

 この事態にネット上では議論百出。受験準備や計画性をめぐって批判が上がる一方、「さすがにかわいそう」「頑張った結果だからしょうがない」といった同情の声も多い。

 なかでも敏感に反応したのが、大学受験に敗れたばかりの浪人生たちである。〈浪人だから小室圭のニュースが身に染みる〉〈わいは何回受験に失敗して浪人を重ねても晒されないし、親戚以外からは叩かれないから、小室圭さんには同情するよ〉〈小室さんと一緒に浪人頑張ります〉といった声があがっていた。

 自らの過去と重ね合わせた人も多いようだ。

〈浪人中私はけっこうメンタルをやられており、劣等感や被害妄想に苛まれていたので、日本中に合否をうんぬんされる状況で生活している小室圭さんをそれだけで尊敬します〉〈小室圭さんについての報道、他人に一世一代の試験の合否をやいのやいの言われてる様を見るのはすっごいしんどいしクるな。浪人経験者としては〉

 2年の浪人生活を経て、志望校ではない中堅私立大学に進んだ経験を持つ31歳男性は、「我が事のようで胸が痛む」と言う。

「浪人生活からもう10年が経ちますが、今でもたまに受験に落ちる夢を見ますし、トラウマは消えていません。小室さんのニュースを見て、自分が受験に落ちた後、周りの反応が気になって外に出かけられなくなったことを思い出しました。親戚の集まりに行けなかったし、成人式も欠席しました。

 大学受験と海外の司法試験では事情が違うでしょうが、多くの人にそのことを知られているのはどんな気持ちだろうかと考えるだけで辛くなります。小室さんをめぐってはさまざまな問題があることは分かりますが、どうか合否をめぐっては責めないであげてほしいです」

 NHKによると、小室さんは、日本で勤務していた弁護士事務所の所長に「合格点に5点足りず、とても無念です」「次は7月に挑戦します。しっかり頑張ります」と伝えたという。3度目のチャレンジで、合格を手にできるか。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン