ライフ

【痛風著名人座談会】グレート義太夫が明かす「痛風になってよかったこと」

痛風になって何がよかった?

痛風になって何がよかった?

 痛風に苦しんでいるという黒川博行氏(作家・73)、グレート義太夫氏(お笑い芸人・63)、大竹聡氏(ライター・59)の「痛風ブラザーズ」。ある日突然、足の指や足首などが腫れ、激痛に襲われる痛風だが、仕事をするうえで彼らが抱いていた悩みとは。開催された座談会では泣けて笑える体験談が飛び交って──。【全4回の第3回。第1回から読む

 * * *
大竹:黒川さんの小説『落英』『桃源』には痛風持ちの刑事・上坂勤が登場しますけど、「勤ちゃん」には黒川さんご自身の経験が反映されているのでは?

黒川:はい。登場人物に何らかのハンディキャップを負わせるようにすると、読者は喜ぶんです。「俺はここまでひどくない」とか。痛風なら自分の経験をそのまま書けるし、笑えますからね。一番便利な病気です(笑)。

大竹:急に足が腫れて痛くなったから、サンダルを買って脱いだ革靴を手に持って歩く。ああいうシーンは想像では書けません。それに勤ちゃんにはどことなく愛嬌がある。

黒川:ネット上の読者の感想を見ても「小太りで痛がる勤ちゃんがかわいい」という意見が多いんですよ。

大竹:たしかに、痛風は誰にも心配してもらえない(苦笑)。

義太夫:痛風のおかげでいいこともありました。「義太夫が痛風になった」っていうのがニュースになった後、『27時間テレビ』(フジテレビ系)に出た時に、荒井注さんが「なんだ、兄ちゃん、痛風なの?」って話しかけてくださったんです。それから成人病の話になって、「気をつけなきゃダメだ」ってアドバイスされましたよ。

大竹:注さんも痛風だったんですか?

義太夫:糖尿。痛風は出てないっておっしゃってましたね。僕は痛風が出た3年後に糖尿病にもなっちゃいました。ウガンダ・トラさんが糖尿と痛風の大先輩で、同じマンションに住んでたんですけど、2人で足を引きずって歩いてた(笑)。

黒川:芸能人はそういう病気のことはほとんど公表しませんよね。

義太夫:糖尿病はあまり言わないんですよ。言うと仕事が減るから。飲み物とか食べ物とかのCMは絶対ダメだし。

 薬も効かなかったら大変なことになる。それでウチのマネージャーが探してきたのが、墓石のCM。もう少し待ってくれよって。

黒川:そういえば、義太夫さんは太ってるイメージだったけど、ずいぶん痩せたんやないですか?

義太夫:糖尿で40kg落ちました。114kgあったのが今は70kg。うちの師匠には「半分になって生きてるのはお前とヒトデくらいだな」って言われます。もともとお酒は体質に合わなくてあんまり飲まないんですけど。

大竹:見た目は義太夫さんが一番飲めそうなんですけどね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン