芸能

東海林のり子と前田忠明が語る勝新太郎の逸話「あんな面白い被告はいなかった」

勝新太郎の逸話を語る芸能レポーター・東海林のり子氏

勝新太郎の逸話を語る芸能レポーター・東海林のり子氏

 梨元勝氏(享年65)が2010年に死去し、井上公造氏(65)が今年3月に引退するなど、芸能レポーターという職業は、もはや化石となりつつある。しかし、現場主義を貫く彼・彼女らがいたからこそ伝わるものもあった。ベテラン芸能レポーターの東海林のり子氏(87)と前田忠明氏(80)が、かつての大物芸能人らとのエピソードを明かした。【全4回の第2回。第1回から読む

 * * *
前田:昔は今じゃ考えられないことがたくさんあったね。タレントにインタビューして優しい言葉でも掛けると、帰りに本人が「前田さん、お車代持っていってよ」と分厚い封筒を渡してくるんだよ。30万とか50万くらい包んでたんじゃない? 「それは受け取れません」って断わったよ。

東海林:誰が渡したの?

前田:もう時効だから言うけど、美空ひばりさんやフランク永井さん、島倉千代子さんとか昔気質の歌手だね。

東海林:勝新さん(勝新太郎)も豪快だったわね。『俺・勝新太郎』(廣済堂出版)という本を出した時、数十人いるマスコミに「サインしてやるから」ってペンを走らせていたの。書き終わると、「今日は気持ちいいなあ。さあ、みんなで銀座に飲みに行こう」って(笑)。

前田:「金はないけど大丈夫だ」って言ってたな。

東海林:マネージャーが必死に「それはできません!」って止めてた。

前田:でも、本当に金がなくても問題なかったみたい。店側も、いずれ払ってくれると思っていたんじゃない?(映画の撮影後などに)何十人でも連れて行ってたんだから。

東海林:勝新さんの麻薬・大麻取締法違反(密輸出)の裁判をずっと傍聴していたけど、あんな面白い被告はいなかった。まず、テンガロンハットを被って堂々と入ってくるの。公判中、検察に問い詰められると、勝新さんは傍聴席を見て「そうなのか?」とオーバーリアクションを取る。弁護士も勝新さんに影響されて、私たちに向かって身振り手振りを交えながら主張するの。

前田:映画だな、そりゃ。

東海林:裁判長も最初は「正面を向いてください」と穏やかに注意するんだけど、だんだん「こっちを向きなさい!」と怒り始めてくるの。

前田:勝新さんが「パンツにコカイン」で捕まった時、ハワイまで裁判を見に行って、法廷から出てくるところを直撃したよ。左に梨元勝、右に俺がいたの。そしたら、2人の腕を抱えて「おう。揃ったな。飲みに行くか」って。今、裁判を終えたところだよ(笑)。この人は何を考えているのかと思ったけど、サービス精神旺盛だったね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン