芸能

『ちむどんどん』仲間由紀恵を表敬訪問した“鎌倉殿の2人”にスタジオどよめき

仲間由紀恵の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという(時事通信フォト)

仲間由紀恵の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという(時事通信フォト)

 4月11日にスタートしたNHKの朝ドラ『ちむどんどん』。初回から世帯平均視聴率は16.7%と前作『カムカムエヴリバディ』の初回を上回る好調な滑り出しとなった。

 なかでも注目を集めるのが、ヒロイン・黒島結菜(25)の母親として約3年ぶりのドラマ出演となる仲間由紀恵(42)である。

 沖縄本土復帰50周年に合わせて制作されたこのドラマは米国統治下の沖縄が舞台。沖縄出身の彼女はこのドラマに並々ならぬ熱意で臨んでいるという。

「彼女は撮影入りする前に、返還前の沖縄について書かれた本を読み込み、さらに当時を知る人々に聞き込みを重ねるなど、入念な準備をしたそうです。すでにドラマで明らかになった通り、彼女の演じる母親は壮絶な戦争体験を経て、戦後を力強く生きている。沖縄出身として、その歴史を含めてしっかり伝えていきたいという覚悟を感じます」(NHK関係者)

 そんな仲間の撮影現場に“大物ゲスト”がサプライズで訪れたという。

「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演中の小栗旬さん(39)と山本耕史さん(45)です。実は『鎌倉殿』と『ちむどんどん』の撮影スタジオは隣同士なんです。廊下で顔見知りの役者同士は挨拶を交わしますが、大物たちが行き交うなか、若手は『紹介もされていないのに挨拶していいのか。でも見ないふりもどうなのか……』とやきもきしていた。その雰囲気を変えるため、2人が旧知の仲間さんの元を訪れ、現場をリラックスさせたそうです。

 小栗さんたちは撮影中のため直垂姿。やんばるの民家に突如、時空を超えて出現した鎌倉武士にスタジオはどよめいたといいます」(同前)

 仲間と小栗といえば、2002年、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)で共演。仲間演じる熱血教師と不良生徒たちとの交流を描いた同作で、若手時代の小栗は金髪に学ラン姿で仲間に反発する教え子を演じた。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト