国内

巷によくいる“論破するのが好きな人”の対処法 正解は「距離を置く」「聞き流す」

(写真はイメージ)

「論破好き」に頭を悩ませる人も(写真はイメージ)

 日常生活で、「論破」という言葉を耳にすることが珍しくなくなった。もともと、インターネット掲示板「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)」を中心に多用されていたワードだったが、2015年には『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)の番組内で誕生したキャラクター・イヤミ課長が言い放つ「はい、論破!」という決めぜりふが人気となり、同年の「ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

 しかし「論破好き」な人たちがトラブルになることもしばしば。都内の小学校に勤務する教員は、頭を抱えて話す。

「PTA会長のBさんは、役員会での発言者をとことん追いつめます。先日も、PTA行事の側溝清掃を『業者に委託しては?』と意見した人に対し、『費用について見積もりは取りましたか?』『費用を各家庭で分担することになりますが、世帯ごとなのか、児童数なのか、どのように割り振るお考えですか?』とダメ出し。最終的に『そういうことなので』と却下。

 正論かもしれませんが、話し合うというより、相手を黙らせるBさんの口ぶりに、役員のやる気が損なわれるばかり。出席率が下がる一方で困っています」

 論破好きな夫に悩む主婦もいる。

「子供が小学生になって余裕ができたので、『家計の足しにパートへ出たい』と夫に相談したんです。

 しかし、『家事をする時間が減って、食事が出来あいのものやデリバリーになり、食費がかさむのが目に見えている』『パート中に雨が降ったら、洗濯物はどうするの? 洗い直すか、コインランドリーへ行くでしょ?』『身ぎれいにしなきゃいけないから、化粧品やら洋服やらを買い足すことにならない?』と理屈を並べ、『よって、きみのパートは家計の足しにはならない。むしろコスパが悪い』と言われました。

 こうした夫の反論癖は日常茶飯事で、最近は子供も夫のマネをして、『ママの言うことは間違っている』と言うようになりました」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト