国内

小室圭さんは「パラリーガルのままでもよいですよ」 秋篠宮は5年前に語っていた──衝撃のインタビュー録『秋篠宮』【第1回】

秋篠宮ご一家(写真/宮内庁提供)

秋篠宮ご一家(写真/宮内庁提供)

 米ニューヨーク州司法試験の壁はやはり高かった──。渡米から5ヶ月、二度目の試験不合格が明らかになった小室圭さんと、眞子さんの周囲がにわかに騒がしくなっている。滞在ビザの問題もあり、試験合格は急務である。7月の3度目受験合格に向け、もはや崖っぷちといっていい。それにしても、二人の前途は、いつしか小室圭さんの司法試験の合否とセットで語られるようになった。穏やかな新婚生活とはかけ離れた現実──父・秋篠宮の胸中はいかばかりであろうか。秋篠宮の意外な肉声を紹介したい。【全3回の第1回】

 * * *
「パラリーガルのままでもよいですよ」

 ジャーナリスト・江森敬治氏はいまから5年前、婚約内定報道の直後となる2017年6月、秋篠宮本人から、直接、この言葉を聞いた。江森氏は、秋篠宮とは30年来の付き合いがある。同氏は公式会見以外では極めて異例となるインタビュー録『秋篠宮』を、5月11日に出版予定だ。

 同書は、異例の退位に伴う改元から長女の結婚問題まで、激動の5年間の秋篠宮の胸の内を37回にわたる面談から描いている。改めて秋篠宮を取材し、その実像を描こうと思ったきっかけが、眞子さんの結婚問題だったという。

「世間で報じられる秋篠宮像と実際のそれの間にあまりにもギャップがありましたから」と江森氏は言う。

 パラリーガルというのは、弁護士の指示、監督のもとに法律事務にたずさわる仕事だ。婚約内定報道直後、小室圭さんが就いていたことで注目された。年収は300万円ほどと言われ、パラリーガルが定職ではない、もしくは眞子さんとは不釣り合いと指摘する論調まであった。

 しかし、秋篠宮は、パラリーガルという職について確認しようとする江森氏を不思議そうに見ながら、さらっと答えた。

「いまのお仕事が定職ですよ」

 そして、パラリーガルのままでもよいと続けるのである。

 江森氏からみて、秋篠宮は相手の男性の職業について、こだわりがないように見えたという。当初はニューヨークに二人で移住し、新たな生活を築こうという計画も江森氏は秋篠宮から聞いていなかった。

「年収や生活面についても、秋篠宮殿下は柔軟にお考えになっていた。例えば東京都心は家賃が高いので近県に賃貸マンションを探して住むといった具合に、とにかく工夫しながらやっていけばよいのではないか、と」

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト