芸能

神木隆之介、伊藤沙莉、福原遥ほか 大人になっても活躍続ける「元子役」続出の理由

同世代でトップクラスの人気を誇る(時事通信フォト、AFLO)

同世代でトップクラスの人気を誇る(時事通信フォト、AFLO)

 かつて子役と大人の役者の間には、高い壁が存在した。「一度染み付いた“子ども”というイメージから脱却するのは難しい」と長年言われており、たしかに子役としてブレイクしたものの、気づけばメディアから姿を消していたタレントは少なくない。

 しかし、今の芸能界はどうだろうか。成長後も『るろうに剣心』や『君の名は。』など多数のヒット作に関わる神木隆之介(28)を筆頭に、2021年ブレイク女優ランキング第1位に輝いた伊藤沙莉(28)、2022年度後期放送のNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』のヒロインに起用された福原遥(23)と、子役出身者が大活躍している。また、志田未来(28)は、3月26日に開局したBS松竹東急のドラマ『いぶり暮らし』で主演を務めている。

 映画『万引き家族』(2018年)などで数々の女優賞を獲得してきた松岡茉優(27)も、芸能界入りしたのは8歳のときだ。ほかにも濱田岳(33)、須賀健太(27)、岡田結実(22)、吉川愛(22、旧芸名は吉田里琴)と子役出身の人気俳優は枚挙にいとまがない。17歳の芦田愛菜も6月に主演映画『メタモルフォーゼの縁側』の公開が控えており、大人の役者として活躍するためのステップを順調に上っている。

 オンラインレッスンも含めて全国に生徒を抱え、子役の指導も手がけるACT芸能進学校の運営スタッフが、「子役出身が成功するのは難しい」と言われてきた理由を説明する。

「子役に対して、子どもらしさを強調するような話し方の芝居を求めるディレクターが業界には大勢います。そのため大手の児童劇団でもそのような“子ども芝居”の練習が行われて、子どもたちも『こういうお芝居がお仕事に繋がるんだ』と学習します。しかし、もちろん成長していくと、子ども芝居を続けたところで良い結果にはなりません。

 そして、成長して容姿が変化したり声変わりすると、世間の人々も『雰囲気が変わった』と違和感を覚えるようになってしまう。事務所の方々が子役をマネジメントする場合、大人になったときのことまで予測しながら仕事を受ける必要があります。それが子役という存在の難しさであり、活躍し続ける子役が少なかった理由なのだと思います」(ACT芸能進学校の運営スタッフ、以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン