国際情報

【対談】皆神龍太郎氏×山口敏太郎氏「UFOについて我々はどう考えるべきか」

UFOの存在は…(Getty Images)

UFOの存在は…(イメージ。Getty Images)

皆神:というと?

山口:「地球が危ない、人類が危ない」という危機感や不安から、「第三の敵」としてUFO、宇宙人を心の中で創造してしまうこともあると思うんです。

皆神:例えば、太平洋戦争中に「ロサンゼルスの戦い」というUFO事件が起きた。開戦後の1942年2月、米ロサンゼルス上空に輝く謎の飛行物体が突如現われ、驚いた米軍が一斉に攻撃したのです。ですが、実際の飛行物体は確認されませんでした。実は、その数日前に日本軍の伊号潜水艦がロス北西を砲撃しており、その“恐怖”がパール・ハーバーの悪夢とも重なって、米軍のパニックを誘発したとされています。

山口:大戦中や東西冷戦の重要な局面で、UFOブームが起きているのは事実です。終戦直後のロズウェル事件に端を発し、ケネディ暗殺からアポロ計画、レーガン大統領のスターウォーズ計画まで。世界の危機的状況や転換期には、それにリンクする形でUFO問題がクローズアップされます。

皆神:UFO問題は社会情勢や人間の心理、軍事的な問題が絡んでくるのでしょう。有名なロズウェルの墜落事件は、旧ソ連の原爆実験を観測するための高高度気球だったことがわかっています。でもその後、米政府と宇宙人の密約「MJ-12」とか、さまざまなストーリーが加わって半世紀以上にわたり語り継がれてきました。

山口:ただし、すべてを絵空事と片付けるのは無理があると思うんです。宇宙人との密約については、アイゼンハワーの孫が後に証言しているし、まるっきりのウソとも言い切れない。私は、宇宙人が人類の子孫であると踏んでいますが。

皆神:ケネディ暗殺の陰謀説には面白い話があって、当時暗殺現場にいた重要参考人の一人が、以前UFOに遭遇しその際に、UFOの“真実”を知った人のもとに現われるという黒ずくめの男たち(MIB)から、何も話すなと口封じされたと証言していたのです。そのMIBも最近は話題にもなりませんけどね(笑)。

山口:日本での報告はあります。静岡や茨城で「UFOを見た」と証言する人の家をMIBがピンポンして回っているらしい(笑)。取材して証言も取りましたが、すべてが妄想と言えないところもある。

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン