芸能

仕事への不安抱えた渡辺裕之さん 撮影現場から妻に2時間電話することも

妻の原が第一発見者だったという

妻の原が第一発見者だったという

 あまりに突然のことだった。愛妻家で、家族思いで、周囲から慕われた渡辺裕之さん(享年66)がこの世を去った。悲しみ以上に残ったのは、なぜ渡辺さんがその“選択”をしたのかという疑問──その陰には、いつもエネルギッシュな人だからこそ陥る落とし穴があったのかもしれない。

 神奈川・横浜市内の静かな住宅街に、あたたかみのあるオレンジ色の外壁が印象的な、豪華な邸宅がある。軒下には電飾が施され、門に掛けられた「こども一一〇番のいえ」の札からは、この家の住人の人柄が伝わってくる。その玄関にうつむきかげんの弔問客が吸い込まれていく──ここは、5月3日に急逝した渡辺裕之さんの自宅だ。25年以上連れ添った夫の突然の死に、妻の原日出子(62才)は憔悴しきった様子だという。

 死因は「縊死」。聞き慣れないこの言葉は、一般的には「首を吊って亡くなること」を意味する。いつもエネルギッシュで、芸能界のみならず、近隣住民からも慕われていた渡辺さんは、周囲に悩みを吐露したり、弱みを見せることが極端に少ない性格だったという。だが、親交の深い関係者は最近、渡辺さんの異様な言葉を耳にしていた。

「アイツに金を取られた。オレは狙われているんだ」──。

エネルギッシュな姿を見せたいというプレッシャー

 渡辺さんは、自宅の地下室で心肺停止の状態で倒れていた。見つけたのは原だった。

「この日はゴールデンウイーク中ということもあり、渡辺さんも原さんもオフでした。原さんが昼食の準備を終え、地下室にいる渡辺さんを呼びに行って発見したそうです」(芸能関係者)

 その地下室は、何事にもアクティブだった渡辺さんのすべてが詰まった場所だった。筋骨隆々とした肉体の維持のために欠かせないさまざまなトレーニング器具に日焼けマシン、ジャグジー、音楽好きの渡辺さんらしくカラオケやドラムセットもあり、ゴルフクラブやワイン、ラジコンなど、多趣味で知られる渡辺さんのコレクションがずらりと並べられていた。

 渡辺さんのインスタグラムを見ると、つい最近まで笑顔の写真がアップされている。だが、その様子とは裏腹に、近年は深刻な悩みを抱えていたようだ。

「実際にはこの2年ほど元気がなく、顔色も冴えませんでした。コロナ禍だけが理由ではないですが、以前のように仕事が入らず、思い悩んでいたようです。先のことを考えると不安になり、食事も満足に喉を通らないようでした。それでも、人前に出るときには周囲が期待するエネルギッシュな姿を見せたいと責任感を抱き、それが余計な負担になっていたのかもしれません」(テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト