芸能

仕事への不安抱えた渡辺裕之さん 撮影現場から妻に2時間電話することも

4年の交際を経て1994年に原さんと結婚した渡辺さん

4年の交際を経て1994年に原さんと結婚した渡辺さん

 渡辺さんと原が結婚したのは1994年。4年以上の交際期間を経てのゴールインだった。

「原さんには離婚歴があり、前夫との間に当時10才の長女がいました。渡辺さんはその長女が“新しい父”を受け入れられるようになるまで、しっかりと時間をかけて関係を築いていきました」(別の芸能関係者)

 原との間には、その長女に加えて1男1女をもうけた。2001年には「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するほど、芸能界きってのおしどり夫婦だった。自宅の近隣住民が明かす。

「夫婦揃って散歩に出かけたり、買い物をしている姿をよく見かけました。ご家族思いで、自宅で開いたバーベキューに招待していただいたこともあります。芸能人らしくないというか、どんな人にも敬語で丁寧に接し、優しかったことを覚えています。近所の若い人からは『隊長』という愛称で親しまれていました。ジョギングするときには必ずビニール袋を握りしめていて、ゴミを拾いながら走っていたことが印象的でした」

「ファイト一発!」のイメージが強すぎる

 渡辺さんといえば、1982年から10年以上にわたって出演したリポビタンDのCMのイメージが強い。

「ファイト一発!」

 そう叫んでポーズを決めるさまは、まさに絵になった。だが、渡辺さんを芸能界の高みに押し上げたその名台詞は、一方で渡辺さんを苦しめていたのかもしれない。

 渡辺さんは1955年、茨城県水戸市内で写真館を営む家庭に生まれた。小学生の頃から映画スターに憧れ、中学時代はバンド活動に熱中。二枚目のルックスで、もちろん地元では有名人。東京の大学を卒業後もバンド活動を続け、世に出るチャンスをうかがっていた。一度は家業を継ぐことも考えたが、大学時代のアルバイトのつてでモデルのマネジャーとして働きながら、自分自身の売り込みも続けた。

 そうした地道な活動が実り、1980年に飲料のコマーシャルに出演。1982年に映画の主演に抜擢され、同年から、前述したリポビタンDのCMへの出演が始まった。その後は俳優業だけでなく映画の吹き替えやゴルフ番組への出演など、活躍の幅を大きく広げた。

 端正な顔立ちと鍛え上げた肉体を武器に、1980年代には高木美保(59才)とのコンビが話題を呼んだ『嵐シリーズ』(フジテレビ系)などで主演を張った。2000年頃以降は、特撮映画や任侠もののVシネマなどでの活躍が目立った。

「現実には、渡辺さんのようにハンサムでスタイルのいい男性はなかなかいませんから、役も限られてしまうんです。恵まれすぎたルックスゆえに、ずっとジレンマを抱えていたようでした」(前出・テレビ局関係者)

 プライベートでは金銭トラブルに見舞われたこともある。2005年、富裕層を中心に高利回りを謳っていた投資運用会社が突如、破綻。渡辺さんは約1億2000万円もの大金を投資していた。

「返ってきたのは900万円ほどで、1億円以上が溶けてしまったことになります。投資は原さんには内緒で行っていたようで、結果として大金を失い、家族をも裏切ることになってしまった」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト