芸能

仕事への不安抱えた渡辺裕之さん 撮影現場から妻に2時間電話することも

肉体美が話題を呼んだリポビタンDのCM

肉体美が話題を呼んだリポビタンDのCM

俳優という不安定な職業柄、将来のお金に大きな心配を抱えていたのが、投資に手を出した理由だったという。

 一方、妻の原は1981年のNHK連続テレビ小説『本日も晴天なり』のヒロインとしてブレークし、以降もコンスタントに映画やドラマへの出演を続けた。結婚後の1996年に映画『Shall We ダンス?』で主演の役所広司の妻役を演じ、最近では、2019年の朝ドラ『なつぞら』でヒロインの妹の養母、昨年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』では徳川慶喜の母という重要な役を演じた。

 年齢相応の女性役でオールラウンドに活躍する原と、先行するイメージが強すぎるがために、特定ジャンルの役柄の色が濃くなっていた渡辺さん──2009年の短編映画や、今年1月公開の映画『ポプラン』での共演はあったが、仲のよい夫婦でありながらも、仕事の足並みはいつしか揃わなくなっていた。

「特にコロナ禍以降、渡辺さんの仕事のペースは以前に増してゆっくりになりました。ドラマのオファーがあっても、1クール出続けるレギュラーではなく、1話のみのゲスト出演のような形が多かった。渡辺さんはそれを気にしていたようです。原さんとの差異を重圧に感じる、何とかしたいと吐露することもありました」(別のテレビ局関係者)

 そうした変化に敏感に気づいていたのが原だった。一緒にいるときもそうでないときも、不安に苛まれる渡辺さんを気遣っていた。

「今年に入り、渡辺さんは京都でのドラマ撮影に臨んでいました。夜遅くまでかかる日もあって、少しつらそうにすることもありました。渡辺さんは、仕事の合間にしょっちゅう原さんに電話をかけていましたね。1時間、2時間になることもザラでした。

 特に何か用事があるというわけではなく、原さんの声を聞くことで心の落ち着きを取り戻そうとしていたようです。原さんも、渡辺さんをなんとか元気づけようと、電話口で明るく接しているようでした。本当に良妻です」(ドラマ関係者)

 しかし、渡辺さんの気持ちは乱高下した。今年3月に逗子市内で開催されたジャズライブの際には、次のようなこともあった。

「プロ級の腕前のはずなのに、演奏前に“どうしても自信がもてない”と震えていたんです」(ライブ関係者)

 時には耳を疑う発言もあったという。

「話が支離滅裂になることがありました。個人事務所の経営者として資金繰りにも悩んでいたようで“だれそれに金を取られた”“オレは狙われている”と口にすることもあったのです。これには原さんも困惑して、病院に行くことを考えていたそうです」(前出・テレビ局関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
(共同通信社)
「ノーマスク」に憤る人たち 教室、オフィス、店舗、親族間でも
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
歌舞伎町の異様な実態が浮き彫りに(時事通信フォト)
新宿・歌舞伎町で「ドリンクに薬物」の手口が横行 パパ活女子は自衛策を共有
週刊ポスト
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン