国内

ペットボトル、カップ麺など、食品の容器から有害物質が溶け出すリスクはあるのか

(Getty Images)

プラスチック製品に含まれる化学物質が飲料に溶け込んでいるとの説が(Getty Images)

 人々の健康意識は年々高まっているが、病気の原因としてまだ知られていないことは意外と多い。カップ麺や水、ヘルシーなお総菜にも、実は“毒”が滲み出ているかもしれないという。

 世界の肥満率は上昇の一途をたどっている。WHOによれば、現在、肥満患者の人数は1975年のほぼ3倍、小児と若年層は実に5倍。そして近年、それは単なる食べすぎや運動不足ではなく、まったく異なる原因があることがわかってきた。

 今年1月、ノルウェー科学技術大学准教授のマーティン・ワーグナーさんらのチームが「ペットボトルやプラスチック製品に含まれる化学物質が飲料や食品に溶け込み、肥満リスクを上げている可能性がある」と発表したのだ。

「プラスチックに含まれる化合物は、人間の細胞を脂肪細胞に成長させ、脂肪を蓄積するように誘導する可能性があることがわかりました」(ワーグナーさん)

 ワーグナーさんらは、飲み物やボディーソープのボトル、ポリ袋、ラップ、食器用スポンジ、冷凍バッグなどの34種類のプラスチック製品から検出した5万5000種類以上の物質の中から、629種類の化学物質を特定。

 そして、このうち11種類が「ビスフェノール」「フタル酸エステル」といった「代謝かく乱物質」と呼ばれる有害物質だった。主に生殖機能に影響することが示されているほか、体重や体脂肪の増加にも影響を与えていることが判明した。ただの水が入ったペットボトルやサラダの容器が、私たちを太らせ、健康を害している可能性があるというのだ。

プラスチックが免疫力を下げる

 あらゆるプラスチック製品には、性能をよくするためにさまざまな添加剤が使われている。東京農工大学教授の高田秀重さんが言う。

「劣化を遅らせるための紫外線吸収剤や酸化防止剤のほか、形を整える可塑剤や剥離剤、難燃剤、染料など、プラスチックにはさまざまな添加剤が練り込まれています。これらの物質の中には、ホルモンの働きを乱す『内分泌かく乱物質』も少なくない。肥満だけでなく、乳がんや子宮内膜症、精子数の減少などにつながる可能性が示唆されています」

 健康被害のあるホルモンといえば、1998年頃に問題になった「環境ホルモン」のことを覚えている人は多いだろう。当時、主にカップ麺などの容器に使われている発泡ポリスチレンから有害物質が溶け出し、体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があることが報道され、話題になった。この騒動について、医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが解説する。

「環境ホルモンの問題は1990年代頃から注目されるようになりました。もともと日本では水俣病やイタイイタイ病、四日市ぜんそくといった公害の集団発生の歴史により、窒素や水銀、カドミウムなどの毒素が人体に影響することが広く知れ渡りました。そこへさらに、これらの毒素とは異なり、長期的に摂取し続けることでじわじわと健康を損なうものとして、新たにプラスチックが問題視されるようになったのです」

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン