国内

ペットボトル、カップ麺など、食品の容器から有害物質が溶け出すリスクはあるのか

(Getty Images)

紙コップも危ない?(Getty Images)

缶詰、紙コップから“毒”が溶け出す

 ワーグナーさんによれば、これらの化学物質のすべてが、一般的な使い方のもとに溶け出すわけではないというが、安心はできないとも。

「私たちの調査では、製品に含まれる化学物質の最大80%が、水に溶け出すことが示されました。つまり、プラスチック製品に含まれる内分泌かく乱物質は、かなりの割合で、私たちが口にする食べ物や飲み物に混入しているということです」(ワーグナーさん)

 前出のカップ麺容器の環境ホルモンは1998年に厚労省、農水省、通産省が「健康に対する問題は少ない」としている。ところが、今回のワーグナーさんらの研究では、カップ麺容器からも大量の化学物質が溶け出し、体内に取り込まれる可能性が示された。

「かつて問題になったのは、スチレン樹脂という、カップ麺の容器の原料になる物質で、これには厚労省ほかの言うとおり、内分泌かく乱作用がないことがわかっています。しかし、このスチレン樹脂に添加するその他の化学物質の安全性は不明です。

 私たちの検証でも、一部のカップ麺容器からは、環境ホルモンが検出されています。特に、内側がプラスチックでコーティングされた紙のカップからは、継ぎ目に使われる接着剤からと思われる添加剤が多く検出されました。一方、カップ焼きそばや丼のような形の商品に多い発泡スチロール製のものからは、別の種類の有害な添加剤が検出されています。これらの添加剤には表示義務がないため、検証しない限り、安全かどうかの判断はつかないのです」(高田さん)

 こうしたかく乱物質は高温になると溶け出しやすくなるため、沸騰したお湯を注ぐカップ麺は、よりリスクがあるとも考えられる。同様の理由で、カフェなどで提供される紙のカップやそのふたにも、かく乱物質の危険性がある。ウェルネスクリニック神楽坂院長で『太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!』著者の賀来怜華さんが言う。

「紙コップの内側に塗られている耐熱・防水コーティング剤にはBPAが含まれており、これは飲料に溶け出して体に取り込んでしまいやすい」

 BPAは缶詰の内側のコーティング剤にも使用されており、妊娠中の女性の体内にBPAが蓄積すると、子供が精神疾患や肥満になりやすくなるという報告もある。

「BPAは、新生児のへその緒から検出されたこともあるほか、乳がんや子宮内膜症の発症との関連も示唆されています。事実、子宮内膜症患者の血液からBPAが検出されたという報告もあります」(高田さん)

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン