スポーツ

「佐々木朗希は強豪校に進まなくて正解だった」 松坂大輔育てた横浜高校元部長が分析

完全試合を達成して花束を高く掲げる佐々木朗希(時事通信フォト)

完全試合を達成して花束を高く掲げる佐々木朗希(時事通信フォト)

 異次元の球を投げ込み、先発登板する試合が社会的注目を集めている。こんな現象はなかなか見られない。ロッテ・佐々木朗希(20)だ。その佐々木について、名門・横浜高校の部長、コーチを歴任し、松坂大輔(元西武)をはじめ、涌井秀章(楽天)、柳裕也(中日)ら球界を代表する投手たちの「育ての親」として知られる小倉清一郎氏が語った。

 佐々木は4月10日のオリックス戦で28年ぶり史上16人目の完全試合を記録。20歳5カ月での達成は史上最年少記録だった。4月17日の日本ハム戦も8回まで走者を1人も出さない完全投球で大きな反響を呼んだ。

 小倉氏も、佐々木の活躍に衝撃を受けたという。

「とんでもない投手が現われたね。あれだけ左足を高く上げられるのは股関節が柔らかいから。努力の賜物だと思う。身長(190センチ)が高い上に股関節が強くて柔らかいから、球の出所が普通の投手より30センチ高い位置から制球良く投げ込める。あの角度から160キロを超える直球、150キロ近いフォークを投げ込まれたらプロの打者でもなかなか打てないよ。思いっきり腕を振れば170キロは出るでしょう。でも肩を故障する可能性があるからブレーキをかけているんだと思う。いま佐々木は20歳だっけ? 22~23歳で本当のピークを迎えると思う。その時にはさらに凄いピッチャーになっているよ」(以下、カギカッコ内は小倉氏)

 小倉氏から見れば、佐々木にはまだまだ多くの改善点があるという。

「投げ方を見ると、大谷翔平(エンゼルス)のほうがもうちょっと前でリリースしている。大谷は投げ終わった後に左足より右足が前にくるでしょう? 佐々木はあと10センチ打者寄りでリリースできるようになったら、打者はさらに球速表示以上の速さを感じる。あと球種を読まれやすくなるから、テイクバックの時に右腕を体の中に入れたほうがいい。

 球種も直球、フォークが大部分だけど、あと1つは増やしたいね。カーブとか緩い球を覚えれば投球の幅が広がってくる。松坂、ダルビッシュ(有)、大谷はウイニングショットになる良い変化球が複数あったけど、佐々木はまだスライダー、カーブを磨いている段階。裏を返せば伸びしろだらけだ。高卒2~3年目の松坂と比較すると、投げるスタミナ、フィールディング能力、変化球の精度は松坂の方が上。でも投げている球の凄み、エンジンは佐々木が1枚も2枚も上だよ」

関連キーワード

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
尹錫悦・大統領(右)の対日協調路線は、李在明氏の影響で…(写真=AA/時事、AFP=時事)
韓国・尹錫悦大統領、ライバル・李在明氏の国政進出で早くも反日転向か
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
NEWSポストセブン
二階派に動き?(時事通信フォト)
二階俊博・元幹事長に不気味な存在感 日韓関係修復で総理を出し抜く計画か
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
「週刊ポスト」本日発売! RIZIN・榊原信行代表が疑惑に大反論ほか
NEWSポストセブン